吉本興業、都内常設劇場の観客収容率50%以下に変更 緊急事態宣言の再発出受け

吉本興業、都内常設劇場の観客収容率50%以下に変更 緊急事態宣言の再発出受け

 政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、7月12日から8月22日まで、東京都に緊急事態宣言を再発出することを受け、吉本興業は9日、都内にある6つの常設劇場(ルミネtheよしもと、神保町よしもと漫才劇場、ヨシモト∞ホール、ヨシモト∞ドーム ステージI・II、よしもと有楽町シアター)での公演と、開催を予定しているそのほかの主催共催公演について、観客収容率を50%以下に変更することを発表した。なお、緊急事態宣言が再延長される沖縄県のよしもと沖縄花月の公演は引き続き、観客収容率50%以下で開催する。



【画像】3月からは東京大学と新プロジェクトを行っている吉本興業



 サイトでは「すでに50%以上販売済みの公演は販売を停止いたします。キャンセルを希望されるお客様には払い戻しさせていただきます」とし、問い合わせフォームについて説明。「また、大阪府などでまん延防止措置が8月22日まで延長されたことなどを受け、よしもと祇園花月、よしもと漫才劇場、森ノ宮よしもと漫才劇場で終演時間が20時を越える公演は中止、または無観客でのオンライン配信に変更させていただきます」と伝えた。



 同社は「楽しみにされていたお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願いします」と呼びかけ「政府や地方自治体のガイドラインに則り、お客様、タレント、従業員および関係者の健康、安全を最優先に、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めるとともに、今後も感染状況の推移を注視し、柔軟に対応してまいります」と記している。
カテゴリ