ENHYPEN、“BTS先輩”カバー「Boy In Luv」を披露「最大限同じようにできるように」

ENHYPEN、“BTS先輩”カバー「Boy In Luv」を披露「最大限同じようにできるように」

 韓国の7人組グループ・ENHYPEN(エンハイプン)が、9日に放送される日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:25)にリモートでゲスト出演した。トークでは、メンバー同士の仲の良さやオーディション時の思い、世界で注目を集める彼らのダンス力のすごさ、さらにはメンバーのプライベートな表情などが垣間見える内容に。ライブでは「Given-Taken [Japanese ver.]」、BTSのカバー「Boy In Luv」を歌唱。ともに、熱のこもったパフォーマンスを披露した。このほど、収録リポートが到着した。



【写真】リモートでトークを行ったENHYPEN 『Given-Taken』ポーズを披露する千葉雄大も



 メンバーの自己紹介を終えると、MCの田中圭は、冒頭で千葉雄大がヒントとして見せた「Given-Taken」のポーズについて言及。するとHEESEUNGから「合っています!」「かっこいいです!」の感想が。それを聞いた2人は「優しいね」と、しみじみ。続いて話題は『I-LAND』に出演した経緯について。日本人メンバーであるNI-KIは「13歳、中2の時に韓国に行きました。一人で暮らすのは本当に大変でしたが、小学校6年生の頃からずっとK-POPが好きで、K-POPアーティストになりたいと思って心を決めて韓国に行きました」と振り返る。



 そんなNI-KIとよく話すのがJAYで、たまに日本語でも会話をするそう。「JAYくんなんで日本語喋れるの?」と田中が尋ねると、「幼い時に最初に日本のラジオを聴いて、興味がわいて日本語を自分で勉強しました」という。そんな日本語が話せるJAYに、ENHYPENの中で流行っているものを教えてもらうことに。すると「僕たちはいつも『レッツゴー』という単語を、かわいく言って『レッチュゴー』と発音をしたりしています」とJAY。これには「超かわいい(笑)!」と、田中と千葉をもん絶させる。



 そしてENHYPENの“MUSIC BLOOD”である「Given-Taken [Japanese ver.]」について、YouTubeにアップされた彼らのダンスプラクティス動画を見ることに。それを見たMCの2人は感嘆。「どれくらい練習しているのですか?」と田中が尋ねると、HEESEUNGは「僕たちは、長い時で10時間くらい練習するので、その練習量のおかげでもあると思います」といい、SUNGHOONは「僕はフィギュアスケートをしていたのですが、舞踊的な動作が多いです」と明かす。



 そして「僕は練習生時代に、海外のダンサーさんたちの方のダンスコピーをJAYとたくさんしていて、コピーしながら遊んでいたことを覚えています」とJUNGWON。ダンスのぼう大な練習量だけでなく、いかにダンスが日常に溶け込んでいたかが分かる。またHEESEUNGは、ダンスでわからないことがあると、ダンスに詳しいNI-KIに尋ねるようにしているそう。



 グループNO.1のダンススキルを誇るNI-KIだけでなく、彼らのダンスブラッドとなるのはマイケル・ジャクソン。NI-KIは3歳の頃に父親がマイケル・ジャクソンのDVDを見せてくれたことから、ダンスにのめり込んでいったそう。中でも「Thriller」のMVには衝撃を受けたという。田中は「3歳から独学で マイケル・ジャクソンコピーするってどういうこと?」と、ただただ驚嘆するばかり。NI-KIにとって最も印象に残っているという、1992年にルーマニア・ブカレストで行なわれた伝説のライブの映像を観ることに。そして観賞後、テンションの上がったNI-KIがムーンウォークを披露し、盛り上がる一同。



 さらにENHYPENには、他にもダンスのブラッドとなったアーティストがいるそう。その一人が韓国のボーイズグループ、EXOのメンバーであるKAI。SUNGHOONが「フィジカルやきれいなダンスのライン、カリスマ性のある表情がかっこいいと思います」と語れば、JAYも「映像で見ても感じられるエネルギーが強烈」と尊敬の言葉が続く。さらにもう一人のブラッドが、同じく韓国のボーイズグループ、SHINeeのメンバーであるTAEMIN。NI-KIが「ダンスの最中のラインがきれい。セクシーでしなやかなダンスは、本当にマイケル・ジャクソンと似ているなって思います」と羨望のまなざしを向ける。



 ただ、ダンスに対するこだわりは、先輩グループにも引けをとらないENHYPEN。田中からダンスをする上でのこだわりを聞かれると「ダンスのラインや、アクションの強弱の調節も大事だと思いますが、表情も大きな影響を与えるので、表情を重要視しています」と、SUNGHOON。さらに「僕は個人的に指先や髪の先まで意識することを意識しています」というNI-KIのコメントを受け「やっぱり(僕のダンスの)先生です」と、納得するSUNGHOONだった。



 さらに、彼らが憧れを抱いているというグループとは、事務所の先輩であるBTS。「僕はBTS先輩を見てアイドルという夢ができました。それくらい、尊敬する先輩です」と、SUNGHOON。「僕もオーストラリアに住んでいた時、BTS先輩のアメリカ公演を見て、初めてK-POPというものを知って少しずつ夢を育んでいったんです」とJAKE。「他(のグループ)とは違うものを感じました。影響をたくさん受けていると思います」とJUNGWON。そんなENHYPENにとっての思い入れのある楽曲“BLOOD SONG”は「Boy In Luv」というBTS初期の人気曲。



 田中が「BTS先輩の曲やるってなったら みんなめちゃくちゃ練習したんじゃないですか?」と聞くと「僕たち本当に一生懸命練習しましたしBTS先輩の映像をたくさん見ました。本当に最大限同じようにできるように映像を見ながら一生懸命練習しました」と、JAKE。そしてNI-KIも「ちょっとアクロバティックな振り付けが一つあるんですけど、そこが僕たちもたくさん練習したポイントなので、よく見てくださるとうれしいです」と見どころもレクチャーした。
カテゴリ