楽しいな…!男性が思わず返信したくなるLINEって?

楽しいな…!男性が思わず返信したくなるLINEって?

LINEの頻度は恋愛に関係ないとは言いますが、好きな人に「会いたい」と連絡してもスルーされてばかりでは、悲しいですよね。


できたら彼の負担にならない程度に、毎日やり取りを続けたいもの。


そこで今回は、男性が思わず返信したくなるLINEをご紹介します。



ストレートな気持ちを送ってくる


「『○○にできたお店に行きたいんですよね』とか、やりたいことをストレートに教えてくれると、具体的で良いですよね。デートしているところも想像できるので、LINEが楽しくなります」(30歳男性/営業)


男性は回りくどいことが苦手な傾向が。


相手からの好意も感じられないのに、ただダラダラと続くLINEは面倒くさく感じてしまいます。


その一方でしたいことが明確だと、「じゃあ一緒に行こうよ!」と、必然的にLINEを返そうという気になるようです。


とくにLINEで自分の気持ちをほのめかしても、直接会っているわけではないので彼に伝わっていない場合も多いもの。


ここはストレートな気持ちをぶつけたほうが良いですよ。


たくさん褒めてくれる


「俺が夜に『いま仕事が終わったんです』とLINEをしたら、『こんな時間までお仕事がんばっていてすごいですね』『無理しないでくださいね』と返信がきて、疲れがふき飛んだ」(32歳男性/総務)


毎日の生活において、人から褒められることってあまりないもの。


だからこそ「○○さんってカッコいいですよね」など、女性から褒められるとうれしくなります。


自分のモチベーションをあげてくれる人とのLINEが楽しくなるのは、ある意味当然かもしれないですね。


会話を盛り上げようとしてくれる


「俺が『若手芸人の○○が好き』と言ったら、わざわざググってくれたらしい。


『今度調べてみますね~』と適当に流す人が多いなか、会話を盛り上げようとしてくれるところにグッときました」(27歳男性/銀行員)


LINEってどうしても短文になりがち。


でもスタンプや「はーい」だけの一文では、男性も「つまらないなぁ……」と思ってしまいます。


だからこそ適度に自分の話を織り交ぜたり、彼に興味を持ってもらえそうな話題を出すのも大切です。


そうすることで彼も「この子とのLINEは楽しいな」と感じ、あなたを喜ばせようと考えるはずです。


無理に面白くしようとする必要はないですが、お互いが楽しめるよう工夫したいものですね。


LINEで彼の心をつかんで


LINEは簡単に既読スルーできてしまうからこそ、早い段階で相手の心をつかむのが勝負になってきます。


LINEで良い雰囲気を作っておいてから、デートへと発展できるようにしたいものですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ