モテる人がやっている「聞き上手になる」テクニック

モテる人がやっている「聞き上手になる」テクニック

ビジネスの場でも出会いの場でも、会話を盛り上げるってとても大切ですよね。


でもおもしろい話を常に用意しておくのは難しいと思いませんか?


じつは会話を盛り上げるには、「自分が話す」だけじゃなく「相手に気持ちよく話してもらう」というのも大切なんです。


相手が楽しく話すことができれば、場も盛り上がるし相手のことも知れて一石二鳥ですよね。


今回はそんな、相手が楽しく話せるような「聞き方」のコツをご紹介します。



上手な相づちを!


相手が気持ちよく話せるような場をつくるためには、「私はあなたの話をしっかり聞いています」という合図を見せることが大切です。


それを表現するためにはやはり「相づち」が重要です。


相づちの有無と、上手さによって相手のテンションは大きく変わります。


下手な相づちをしてしまうと「この人は本当に自分の話を聞いているのだろうか」と思われる可能性もあるので気を付けましょう。


バリエーションも豊富に


相手が話しやすくなる上手な相づちには、バリエーションも重要です。


毎回「うん」「はい」「そうなんですね」と、同じような内容ばかりだと相手も話しにくくなってしまいます。


これが「えー!そうなんですか?それで?」とか、「なるほど!凄いですね~!」とか、感情も含めてバリエーション豊かな相づちを入れることで「聞いている感」がグッと出てきます。


相手を乗せるという意味でも、相づちに褒め言葉を入れるのもオススメです。


「さすがです」「すごいです」「素敵です」等、簡単な言葉ですが、聞いてくれている+褒めてくれるという相乗効果で相手は更に楽しんでお話してくれることでしょう。


相づちの回数


あいづちの回数


聞き上手な人は、聞いている姿勢が目に見えてわかります。


普通の人の倍以上のペースで相づちを打ち、前のめりになって話を聞いていることが多いです。


相づちの回数が多いだけでも、「この人はしっかり興味を持って話を聞いてくれているな」と印象付けることができます。


ただし、相づちの回数や勢いは話の内容によって変えることが大切です。


話の内容が明るいものであれば楽し気に勢いよく相づちを打ってください。


逆に深刻な内容であったり、悲しい内容な場合はゆっくりとした相づちを心がけましょう。


相づち次第で聞き上手に


相づちがうまくなると、出会いの場や異性との会話だけでなくビジネスの場や女性同士の会話でもとても役立ちます。


とくにビジネスの場で、クライアントや上司のご機嫌を取れるようになれば仕事もやりやすくなりますよね。


聞き上手の技術は身に付けて損はないはず!ぜひチャレンジしてみてくださいね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ