恒松祐里、写真集で母の好きな写真にツッコミ 顔映らず手と足のみで「だいぶコアな写真を」

恒松祐里、写真集で母の好きな写真にツッコミ 顔映らず手と足のみで「だいぶコアな写真を」

 女優の恒松祐里(22)が10日、都内で1st写真集『月刊 恒松祐里 優』(小学館)の発売記念イベントを開催した。



【写真】お気に入りのページを紹介する恒松祐里



 写真集は、長崎県五島列島・福江島と千葉のレトロラブホテルで撮影。福江島は、映画『くちびるに歌を』で約1ヶ月過ごし、第2の故郷と呼んでいる場所。千葉のレトロラブホテルでは、出演するNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』の時代設定と合わせて1980年代後半から90年代前半の世界観でセクシーな大人の表情に挑戦。女優としての原点と未来に向かっての覚悟が詰まった一冊となった。



 恒松は「とにかく、きょうはうれしいです。写真集を作る機会をいただけて、本当に皆さんに感謝しています。私、小さいころから、ラッキナンバーが22なんです。22歳の年に、こういう機会をいただけて、22歳の私を映し出す写真集を作れたのが、とてもうれしいです」と頬をゆるませた。



 お気に入りカットも紹介。千葉のレトロラブホテルでの1枚は青い室内で撮影されたもので「入ると本当に体が青く見える部屋で、もの悲しげな表情が合っているなって」とにっこり。恒松が参加していないシーンで『全裸監督』のロケ地に偶然なっていたそうで「ラブホテルの撮影現場に入ったらエレベーターに『全裸監督で使用中』って書いてあった。『そうなんだ!』って、そこで知りました」と話していた。



 五島列島でのカットも好きなものがあるそう。見開きページで、横顔の1枚は恒松が、手と足だけの写真は母が好きな写真だそう。「私の顔が写っていない写真は母が1番お気に入りと言っていた写真。お母さんに『どの写真が好きだった?』って聞いたら『足と手が写って4本に見えるやつ』と(笑)。全身の写真が全部好きなのかなって思ったら、これだった」と苦笑い。



 それでも「確かにバランスや光の感じがかわいいので、私も好きなんですけど。お母さんは『顔は毎日、見てるから、こういうのがちょうどいい』って、だいぶコアな写真を…」と裏話を明かしていた。
カテゴリ