今年の夏はブルーの「ストライプシャツ」しか勝たんっ!着こなし方迷子さんに贈るこなれコーデカタログ


今年の夏は、ブルーの「ストライプシャツ」が大人気ですよね。特に“たすき掛けアレンジ”が流行っており、街中で見かける方も多いと思います。



しかし、「流行っているから買ってみたはいいものの、たすき掛け以外、どうおしゃれに着たら良いのか分からない…」と悩んでいませんか?



そこで今回は、着こなし方迷子さんに贈る、ストライプシャツの「こなれコーデカタログ」をご紹介します。



安定のたすき掛けをおさらい





@m._____n__ / Instagram



まずご紹介するのは、最も人気な“たすき掛け”。簡単におしゃれに決まるので、改めて着こなし方をチェックしておきましょう。



シャツを着るのではなく、肩上と脇下から通してゆるっと結ぶだけで、コーデにこなれ感を与えてくれる人気の着こなしです。



特に多いのは、Tシャツ×パンツスタイルとの組み合わせ。カジュアルなコーデも、洗練されたブルーのストライプシャツと組み合わせることで中和され、大人っぽいコーデに仕上がりますよ。





@hanaotochan / Instagram



また、たすき掛けコーデは、ワンピースとの相性も抜群!白ワンピと組み合わせると、爽やかで夏らしい、季節感のあるコーデに仕上がります。



「無地のワンピースだけだとなんだか物足りない…」という方は、ぜひトライしてみて。



インナーとしても





@miii___yuu7 / Instagram



また、ストライプシャツは、キャミワンピやオーバーオールのインナーとして着ることもできるんです!羽織る、たすき掛けするというイメージが強いシャツですが、インナーとして取り入れることでコーデの幅が一気に広がりますよね。



こちらは、涼し気なブルーのシャツなので、デニム生地と組み合わせるのが良さそう!コーデに統一感が出て、おしゃれな印象に仕上がりますよ。



日焼け対策に羽織るのも





@yoshimi_shimamura / Instagram



暑い夏は、紫外線や室内外の温度差が気になりますよね。そんな時は、ストライプシャツを羽織ることで、それらの問題を解決しちゃいましょう!



特に室内外の温度差は、体調を崩す原因にもなりがちなので、カバンの中に忍ばせて持ち運ぶのも1つの手ですよね。



モノトーンや、Tシャツ×デニムなど、シンプルなコーデであれば、幅広く合わせやすいため、その点も便利ですよ。



大きめのワンピースをチョイス





@airi_knd / Instagram



最後にご紹介するのは、ワンピースタイプの“ストライプシャツ”。これまでのシャツとは違い、面積が大きくなることで、涼し気さもUPして、また違った印象になりますよね。



写真は胸下までボタンのついたデザインですが、より着回しの幅を広げたい方は、羽織れるタイプをチョイスしてみてもいいかも!



また、写真のようにブルーの小物でまとめると、コーデが締まり、さらにおしゃ見えが叶いますよ。



これでもう着回しに困らない





@10.moeka / Instagram



今回ご紹介した、組み合わせ迷子さんに贈る「ストライプシャツのこなれコーデカタログ」はいかがでしたか?



着こなし方を増やすことで、今年トレンドのストライプシャツが大活躍してくれそうです。



ぜひ、コーデに迷った際は参考にしてみてくださいね。



カテゴリ