男性がデート中に「ちょっとなあ…」と感じる女性の特徴3つ

男性がデート中に「ちょっとなあ…」と感じる女性の特徴3つ

気になる男性とのデート中、彼が不機嫌になったり、楽しくなさそうにしていたり……という経験はありませんか。


もしかすると、あなたの何気ない行動や態度が、彼をマイナスな気持ちにさせているのかもしれません。


そこで今回は「男性がデート中に『ちょっとなあ……』と感じる女性の特徴」を紹介します。




悪口ばかり言う


女性がついついやってしまいがちなのが、人の悪口を言うこと。


「会社にうるさい人がいるんだよね」「上司がほんとに仕事できなくて……」こういった話を聞かされると、男性はウンザリとしてしまいます。


男性がとくに「嫌だなあ」と思うのが、元カレの悪口なんだとか。


「プレゼントのセンスがダサかった」「なにかと女々しかった」という話を聞かされると、「自分が付き合ったとしても、こんなふうに言われるんだろうな」と付き合う前からげんなりするはず。


愚痴を言いたい気持ちはぐっと抑えて、人のいいところを話すように意識してみましょう。


たったこれだけで「いい子だな」と思われる可能性があります。


男性からの好感度は、あなたの言動にかかっているのです。


オープンな恋愛の話をする


デート中にガサツな女性もNG。ガサツな仕草は多くの男性に敬遠されます。


女性はそういった振る舞いには気をつけている印象があるので、ほとんどの人はクリアできていることでしょう。


そこで、今回お伝えしたいのは、恋愛に関するガサツな発言についてです。


なかには、センシティブな性格の男性もいるので、あなたが言った何気ない言葉で傷ついていたりびっくりしたりしている可能性があります。


たとえば、「これまで何人と付き合ってきたの?」「どんなフェチなの?」といったオープンな質問。恋愛経験の少ない男性にとってはつらいかもしれません。


男性の反応を見て、深堀りするかどうかを決めてくださいね。



人見知りがち


デート中に男性が恐れることの定番「会話がつづかない沈黙」。初デートとなれば、これはなおさらかもしれません。


「休みの日はなにしてるの?」「好きな食べ物は?」と、当たり障りのない質問をする男性も多いもの。


でもそんな質問に対して、女性が素っ気ない……。こんなとき、男性は「嫌われてるのかな」「面白くないのかな」と不安になってしまいます。


もしも人見知りで上手く話せないのであれば、最初に勇気を出して「人見知りが悩み」と伝えてみましょう。


そうすれば男性も安心。途切れ途切れの会話でも、デート中に嫌な気持ちになることを防げるはずです。


自分を振り返って


デート相手の男性がなんだか楽しそうではないなと思ったときには、これらのことを無意識にしていないか注意してみてください。


とくに、「悪口が多い」や「オープンな恋愛の話」は、場数を踏んでいる女性こそ気をつけるべき。


恋愛慣れしていることが恋愛のチャンスをつぶしている、そんなケースがあることをお忘れなく。


(野瀬 研人/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ