三浦透子、霧島れいか、濱口竜介監督らカンヌのレッドカーペットに登場

三浦透子、霧島れいか、濱口竜介監督らカンヌのレッドカーペットに登場

 フランスで開催中の「第74回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に日本映画として唯一正式出品された『ドライブ・マイ・カー』の濱口竜介監督、出演の三浦透子、霧島れいか、ソニア・ユアンが現地での公式上映前のレッドカーペット(現地時間7月11日午後2時半すぎ、日本時間同日午後9時半すぎ)に登場。その後、公式上映(ワールドプレミア)が行われた。現地から写真とコメントが到着した。



【動画】これがカンヌのレッドカーペット&スタンディングオベーション!



 新型コロナウイルスの影響で去年は中止となり、2年ぶりの開催となったカンヌ国際映画祭。例年よりも2ヶ月遅れの7月開催となり、この日は夏日となったが、晴天に恵まれた。そこへ、アクネ ストゥディオズのパンツスーツをスタイリッシュに身に纏う三浦と、花柄があしらわれたヴァレンティノの華やかなロングドレスを着用した霧島、台湾出身のソニアはドレスのスリットから美脚をのぞかせながら登場。会場に詰めかけたマスコミからも、世界三大映画祭を席捲する濱口監督とその出演者の登場に歓声が上がった。



 初めてのカンヌ参加となる三浦、霧島も笑顔で映画祭を楽しんでいる様子。滝口監督は、自身の商業デビュー作でもある『寝ても覚めても』以来、2度目の参加で、3年ぶりのカンヌに充実した表情だ。上映会場内に入ると、満席の客席からは大きな拍手が巻き起こり、コンペティション部門に出品されている本作への注目度の高さがうかがえた。



 上映終了後、拍手喝采のスタンディングオベーション。場内が明るくなった時には多くの観客が監督、キャストたちへ称賛の声を投げかけた。この大きなカンヌの歓迎に、監督は目を潤ませ「こんなに大きな拍手をいただけて感動しています。ありがとうございます。主演の西島さんや岡田さんたちキャスト、そして支えてもらったスタッフの皆さんと分かち合いたいと思います」とコメント。三浦、霧島もカンヌでしか味わえない空間を堪能している様子をみせていた。



 授賞式は現地時間17日午後7時25分(日本時間翌18日午前2時15分)から行われる。



 同映画は、俳優の西島秀俊が主演、村上春樹の短編を映画化した上映時間179分の大作。俳優であり演出家の家福(西島)は、愛する妻・音(霧島)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさき(三浦)と出会う。行き場のない喪失を抱えて生きる家福は、みさきと過ごす中であることに気づかされていく――。8月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷(東京)ほか全国で公開。



■公式上映直後のコメント



【濱口竜介監督】

 こんなに大きな拍手を頂けて感動しています。ありがとうございます。初めて劇場で皆さんと観て、3時間近く一緒に旅をしているような気持ちで観ました。幸せな時間でした。この感激を日本に帰ったら、一緒に仕事させていただいた主演の西島さんや岡田さんたちキャスト、そして支えてもらったスタッフの皆さんと分かち合いたいと思います。皆さんが集中して観ていただけたという感覚があったので、すごく感激しました。



【三浦透子】

 すばらしい劇場で、たくさんの人たちと大きな画面でこの映画をみることができました。この映画を、この先の人生でもたくさん観るだろうけれど、この経験を超えるものは二度とないだろうなという、特別な空間で、特別な経験をすることができました。本当に幸せです、ありがとうございます。



【霧島れいか】

 非常に感動しました。一生の思い出になりました。今日ここにいるべきキャストの方たちがいないのが残念ですが、いっぱい報告すべきこともできました。いい経験をさせていただき、ありがとうございました。

カテゴリ