柏木由紀、誕生日7・15のラジオ番組より活動再開「ほっとひと安心しています」 現在は定期的にリハビリ【本人コメント全文】

柏木由紀、誕生日7・15のラジオ番組より活動再開「ほっとひと安心しています」 現在は定期的にリハビリ【本人コメント全文】

 『脊髄髄内腫瘍』を摘出し、療養しているAKB48の柏木由紀について、所属事務所は「誕生日を迎える7月15日より活動再開する」と12日、公式サイトで発表した。



【写真】これまでの衣装に囲まれ…美BODYを披露する柏木由紀



 公式サイトでは「先日ご報告の通り、柏木由紀は『脊髄髄内腫瘍』を摘出し、療養中でございましたが、術後の経過も良く無事に退院し、現在定期的にリハビリに通う生活を送っております」と報告。「本人からの活動再開に向けての強い意志を鑑みて、主治医師の許諾のもと、この度、誕生日を迎える7月15日より活動再開することをご報告申し上げます」と伝えた。



 「つきましては、レギュラーラジオTOKYO FM『柏木由紀のYUKIRIN TIME supported by DAIYAME』は7月15日より出演を再開し、7月18日の写真集『Experience』発売記念オンラインイベントも予定通り開催いたします。柏木由紀本人もファンの皆さまにお目にかかれることをとても楽しみにしております」としている。



 「なお、柏木由紀ソロコンサート『寝ても覚めてもゆきりんワールド』、及びWACK所属7グループとのコラボシングルに関しましては、現在年内開催・リリースで調整中でございますため、改めてご案内させていただきます」と伝えた。



 柏木もコメントを発表。「お陰さまで、無事に手術が成功して、リハビリも順調で、お医者様も驚くほど回復しております」とし、「正直、ほっとひと安心しています。病気を知ってから、もしも、歌うことや踊ることが出来なくなってしまったらどうしよう、という不安が常にありました」と本音を明かした。続けて「たくさんの方にご迷惑やご心配をおかけした分、これから、これまでよりも、もっと元気に皆さんに恩返ししていきます」と決意を新たにした。



 柏木は、6月3日放送のテレビ東京『主治医が見つかる診療所』で人間ドックを初受診。左手の指にしびれを訴えていたこともあって症状が疑われ、精密検査で判明した。同8日には公式サイトを通じ手術と治療のため休養すると発表。これに伴い、ツイッターやYouTubeの更新も休止した。同25日には『脊髄髄内腫瘍』を摘出するため、7時間以上に及ぶ手術を受けていた。



■柏木由紀コメント全文

『脊髄髄内腫瘍』摘出手術に際して、ご心配とお励ましを頂き本当にありがとうございました。お陰様で、無事に手術が成功して、リハビリも順調で、お医者様も驚くほど回復しております。



正直、ほっとひと安心しています。病気を知ってから、もしも、歌うことや踊ることが出来なくなってしまったらどうしよう、という不安が常にありました。



そして、帰る場所があるということがどれだけ支えになるか、実感した1ヶ月でした。



たくさんの方にご迷惑やご心配をおかけした分、これから、これまでよりも、もっと元気に皆さんに恩返ししていきます。



改めて、よろしくお願いいたします!
カテゴリ