駒木根葵汰、ゼンカイジャーはセイバーの世界でも“らしさゼンカイ”「壊すぐらいの気持ちで」

駒木根葵汰、ゼンカイジャーはセイバーの世界でも“らしさゼンカイ”「壊すぐらいの気持ちで」

 スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』で主人公のゼンカイザー/五色田介人を演じる俳優の駒木根葵汰が12日、東京・落合南長崎のトキワ荘マンガミュージアムで行われた映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(7月22日公開)完成披露イベントに参加した。



【動画】仮面ライダー1号・藤岡弘、サプライズ登場!セイバー&ゼンカイジャーにエール



 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する同作。



 駒木根はWアニバーサリー映画出演に関し「素直な気持ちは、ラッキーという感じでした。たまたま受かったスーパー戦隊が節目で、その前後だったら、こういった大きな作品にならなかったので、恵まれているなと思います」と胸のうちを明かした。



 作品を見ると「鳥肌が立つ。最初から最後まで鳥肌で、鳥でしたね」と笑わせるながらも「出来上がったものを見てみたらグッと来るものがある。大きな作品だなと改めて感じた」と口にしていた。同作では、ゼンカイジャーたちが『仮面ライダーセイバー』の世界へ参戦するが、駒木根は「ゼンカイジャーらしさで(笑)。僕らはセイバーの世界を壊すぐらいの気持ちで、僕たちは何も考えずに頭から突っ込む。やりすぎかなと思う部分もあったんですけど、そこは田崎監督が抑えてくれた。すごくいいバランスになったと思う」とキャストを代表して語った。



 この日は、仮面ライダーとスーパー戦隊の生みの親である石ノ森章太郎氏が暮らしたトキワ荘での完成披露イベント。駒木根は「初めて来たんですけど、おばあちゃん家に来たっていう感じ。居心地がよかったですね」と笑顔を見せた。



 同作は、スーパーヒーローの“最強の敵”アスモデウス(谷田歩)の企みにより、禁断の地・アガスティアベースで保管されていた、世界を揺るがす“禁書”が解放。それにより「現実」と「物語」の境界があいまいとなり、『仮面ライダーセイバー』主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)、須藤芽依(川津明日香)、ユーリ(市川知宏)たちが、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界へ、そして『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の五色田介人(駒木根葵汰)とガオーン、マジーヌ、ブルーンたちが、仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーセイバー』の世界へ迷い込む事態になる。



 イベントには、内藤秀一郎、鈴木福、藤岡弘、も参加した。
カテゴリ