相手から告白してもらうための「決め手」になる女性の行動4つ

相手から告白してもらうための「決め手」になる女性の行動4つ

好きな人から告白してもらえるのって、とても幸せなことですよね。


たとえ両思いで相手の気持ちが分かっているとしても、改めて告白されることを望んでいる人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は「相手から告白してもらうための『決め手』になる女性の行動」を紹介します。




「一緒にいたい」と思わせる


「一緒にいたい」と思わせるとしても、付き合う前に一晩を過ごすのは絶対NG。付き合ってからでないと、一緒に一晩は過ごせないということは事前にしっかり伝えておきましょう。


その上で、別れ際で「もうちょっと一緒にいられたらな」と伝えます。


両思いであれば、この一言ですぐにでも告白へ繋がるはず!


ただしこれは、何度かデートを重ねている場合などに有効な手段です。


最初のデートでは相手の様子を探るなど、機会の見極めが大事でしょう。


彼氏がいないことを伝える


あなたの気になる彼は、あなたに彼氏がいないことを知っていますか?


もしかしたらそれが分かるタイミングを見計らっている場合も考えられます。


となれば、しっかり彼氏がいないことをアピールしなければなりません。


それとなく隙のある様子は見せているのになあ、という場合は彼が思っているより鈍感という可能性もあります。


「彼からなんのアクションもないしやっぱり両思いじゃないのかもしれないな……」と諦めるのではなくて、分かりやすく彼氏がいないことを伝えましょう!



告白しやすい環境を用意する


告白しやすい環境を用意する


なかなか2人の時間が取れない、告白ムードになりづらいような明るい時間にしか会えないなど、告白しづらい環境ではムードがつくれず進展が見込めないかもしれません。


たとえばドライブデートだったり観覧車に乗ったりなど、密室で2人きりという状態がこれまでなかったのであれば、用意してみるといいかもしれません。


嫉妬させる


これに関しては、やり過ぎは絶対に禁物ですが、引き金になる可能性はあるでしょう。


最近食事に誘ってくる人がいるとか毎日連絡を寄越してくる人がいるなどなど、あくまでちょっと困っている風で切り出してみて。


「このままじゃ取られる!」と彼に思わせたら、もう告白はすぐそこでしょう。


相手が「イケる」と確信を持てる行動をして


しっかりと彼氏がいないことを伝え、身持ちは固く保ったうえで一緒にいたいと思わせること、しつこくない程度で嫉妬心を煽り、告白しやすい環境をつくる。


このように告白される側としても、できることはたくさんあるもの。


告白されないなんて待ってばかりいないで、いろいろ動いていきましょう!


その際に、相手が「イケる」と確信を持てる行動をするのが大事です。


(愛カツ編集部)



カテゴリ