松村沙友理、白石麻衣との「結婚式」撮影にデレデレ「夢のような気持ちでした」

松村沙友理、白石麻衣との「結婚式」撮影にデレデレ「夢のような気持ちでした」

 人気アイドルグループ・乃木坂46から卒業する松村沙友理(28)が8日、オンラインで行われた卒業記念写真集『次、いつ会える?』(13日発売 マガジンハウス)記者会見に出席。同作に昨年卒業した白石麻衣(28)が登場し、ファンから人気だった“さゆまい”コンビが復活を果たしているが「ウェディングフォトを意識しまして…、えへへへ」と撮影を思い出し、照れ笑いを浮かべた。



【写真】写真集を手に笑顔を見せる松村沙友理



 松村と白石は“さゆまい”として親しまれ、乃木坂46の中でもビジュアル面、ラブラブ度で「最強」と称される同期同年齢コンビ。昨年10月の白石の卒業セレモニーで手紙を読んだ松村に、今度は白石がこれまでの思い出や松村へのエールを本書に残す。フォトセッションは、2人のひとつのゴールともいえる「結婚式」をイメージして撮影。乃木坂46きっての“バカップル“にふさわしいイチャイチャっぷりを見せた。



 松村は、そんな撮影について「私が終始ドキドキしてしまって、ニヤニヤが止まらなくて…。2人のやりとりの中でナチュラルに撮影をしていったのですが、私がニヤニヤして、照れちゃって(笑)。目を合わせる撮影も『目が見られないー』ってなっちゃって(笑)。終始、ふわふわした撮影でした」と満面の笑み。「私にとってもこの日の撮影は夢のような気持ちでした。とてもステキな写真になりました」と声を弾ませた。



 写真集の撮影は3rdシングル「走れ!Bicycle」のPRのために訪れた宮崎県を舞台に実施。「彼氏との初めての海デート」をイメージし、少しずつ2人の距離が縮まっていく様子を表現した。スイカ割りではしゃいでみたり、恥ずかしがる彼の手を取ってリードしたり「もし松村沙友理が彼女だったら」を想像させる写真が満載となっている。



 写真集のテーマにちなみ「乃木坂46を卒業した後にやってみたいデートは?」と向けられた松村は「うーん」を連発。しばし熟考した上で「定番なんですけど、ディズニーランドとか、アトラクション、テーマパークデートをしてみたいです。一緒に1時間とか2時間とか待っている間にたくさんお話して…みたいなことをしてみたいですね」と明かしていた。
カテゴリ