【おかえりモネ】第43回見どころ サヤカに合格を伝えられない百音、その理由を菅波に語る

【おかえりモネ】第43回見どころ サヤカに合格を伝えられない百音、その理由を菅波に語る

 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。14日放送の第43回あらすじを紹介する。



【場面写真】ついにヒバの木が伐採されることに



 第9週(12日~16日)のタイトルは「雨のち旅立ち」。登米の人びとに見守られ、ついに樹齢300年のヒバの木が伐採される。そして未定だった木の保管場所についても、百音(清原)があることを思いつく。



 サヤカ(夏木マリ)は、そんな百音の仕事ぶりをほめるとともに、自分に気を使わず、夢があるのならそちらへ進んでほしいと伝える。2人の様子を見ていた菅波(坂口健太郎)も、百音を後押しするが、百音は自分がサヤカに合格を伝えられなかった理由を菅波に語りだす。



 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。
カテゴリ