汗ばむ夏も、1日中ご機嫌なワタシでいたいから。困ったときのための「メイク直し」ハウツーをご紹介!


7月に入り、もうすぐ夏本番!この時期の悩みといえば、“メイク崩れ”ですよね。



そんな夏を少しでも快適に過ごせるように、今回は夏のメイク直し方法をご紹介します!



夏のメイク直しHow to




illustration by machi



①ティッシュオフで余分な皮脂だけオフ



過剰な皮脂は厄介ですが、お肌には適度な皮脂が必要です。だから、皮脂を完全に取り切らないティッシュがおすすめ。



ティッシュを広げて顔全体を抑えたら、きれいな面を表にして三角に折り、顔の凹凸に合わせて細かい部分の皮脂も取りましょう。



②テカリが気になる部分を乳液でオフ



乳液を少量指に取って、テカリや崩れが特に気になる部分にくるくると馴染ませ、ティッシュで優しく拭き取ります。



実は、乳液とメイクは馴染みが良く、軽いメイクを落とせる上に、肌に潤いもプラスしてくれるんです。小分け容器に入れて持ち歩けば、メイク直しの時に大活躍してくれますよ◎



③クレンジング綿棒でアイメイクの崩れをオフ



マスク着用時に、メイクの印象を決めるアイメイク。クレンジング剤が含まれている綿棒で、アイシャドウのヨレなどを丁寧にオフしておきましょう。



崩れてしまっているのはもったいないので、メイク直しで目力リフレッシュがおすすめです!



④ミストタイプ化粧水をシュー&なじませる



しっかりと崩れや余分な皮脂を取ったら、保湿をプラス。潤いを与えるだけでなく、リフレッシュ効果も抜群です。



⑤メイク下地を塗り直す



②でオフした部分を中心に、メイク下地を塗り直します。



⑥ファンデーション&パウダー



②でオフした部分はカバー力のあるファンデーションで、それ以外の部分は厚塗りな印象にならないよう透明タイプのパウダーを。



⑦パーツメイクのお直し



アイシャドウや眉、チークやリップなどをお直ししましょう。朝と違うカラーを使って、気分転換するのも◎



⑧スプレータイプのUVカットをシュー



真夏はとにかく、UVカットの塗り直しが命です!



スプレータイプの顔全体、首、髪など出ている所全体に使えるものを選んで、顔だけではなく全身徹底UVカットを。



メイク直しに役立つ、プラスワンアイテム




illustration by machi



テカリ・毛穴が特に気になる人には…



メイクの前にもメイクの上からも使える、テカリをオフしてくれるアイテムを持ち歩いて。メイク直しの下地を塗る前にプラスするだけで、メイク直しの仕上がりがワンランクアップします。



ETVOS(エトヴォス)の「ミネラルポアレススティック」(税込2750円)とettusais(エテュセ)の「フェイスエディション (プライマー)フォーベリーオイリースキン」(税込1320円)の2つは、どちらもポーチにスッキリ収めることができ、手軽にメイク直しが可能。



とにかく荷物を減らしたい人には…



ティッシュオフと保湿ミストの2役をこなしてくれる、Biore(ビオレ)の「メイクの上からリフレッシュシート」がおすすめ。香り付きも無香料もあるので、気分に合わせて選べるのもうれしいポイントです!



CANMAKE(キャンメイク)の「シークレットビューティーパウダー」(税込935円)は、サイズもコンパクトで軽く、ポーチや小さめバッグでもかさばりません。透明タイプの01番なら、日中何回も塗り直しても厚塗り感が出にくいですよ。



メイクも気分もリフレッシュしたい人は…



メイク直しが上手くいけば、午後も気分良く過ごせますよね。さらにリフレッシュ効果をプラスするなら、お気に入りの香りのミストを選ぶのがおすすめです。



AYURA(アユーラ)の「ウェルバランス オイルシャットジェリーミスト」(税込2750円)は、メイク前に使えばメイク崩れ予防に、そしてメイクの上からも使える、ミスト状美容液です。AYURAはとにかく香りが良い!



ストレスでザラザラになった心を滑らかにしてくれるような癒し系の香りで、午後も心穏やかに過ごせそう♡




illustration by machi



たかがメイク、されどメイク。



1日きれいに過ごすのは、誰かのためではなく、自分が気分良く過ごすため。お気に入りのアイテムを見つけて、自分のご機嫌を取っちゃいましょう♪



カテゴリ