【実食レビュー】とっておきのアイス、ローソンでみっけ。HiO ICE CREAMがもっと身近になりました


暑い日が増え、アイスがおいしい季節がやってきました。おうちで過ごす楽しみが“おやつの時間”だという人も多いのでは?



今回は、7月6日(火)より関東エリアのローソン約1000店舗で販売がスタートした、クラフトアイスクリーム「HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)」を、実際に食べてみた感想とともにご紹介。



とっておきの“ご褒美アイス”は、おうち時間にもぴったりですよ。



“クラフトアイスクリーム”HiO ICE CREAMって?





HiO ICE CREAMは、2019年に創業したクラフトアイスクリームブランドです。自由が丘の工房で、手間を惜しまず丁寧に作られるアイスクリームは、おいしさを追求し、各地の魅力あふれる素材本来の良さを引き出すためのこだわりがたっぷり。



アイスクリームの要となる牛乳は、創業者自身が40軒以上の牧場を訪ねて厳選したものを使っているといいます。季節によって味に変化が起こるため、製造方法も微調整しているのだとか。





そんなHiO ICE CREAMの2大看板商品と言えるのが、「美瑛シングルオリジンミルク」「塩キャラメル」(各 税込378円)です。



2021年4月から、関東エリアの一部のローソンで販売されていた2商品。高い人気を受け、7月6日(火)より販売店舗を拡大し、関東エリアのローソン約1000店舗で購入できるようになりました!



ここからは、そんな2商品を詳しく紹介していきます。



ミルクのおいしさがぎゅっ





「美瑛シングルオリジンミルク」には、全国の酪農家の中から出会った、北海道美瑛町のミルクが使用されています。



ミルク味のアイスというと、クリーミーでコクのあるものと、シャーベットに近いさっぱりしたものに2分されますが、こちらはしっかりとコクが感じられるタイプ。ミルキーで濃厚なのに、もったりとした感じは一切残らない、いいとこどりの不思議な味わいです。



まるで牧場で販売されているアイスのような“ミルクの濃さ”がしっかりと感じられ、“軽やかなのに濃い”という、美瑛のミルクの特徴が存分に生かされた仕上がりです。



夏にありがちな、「甘いものが食べたいけど重さは欲しくない」なんてわがまま気分も、このアイスが解決してくれるかも。



ほろ苦い甘さは、まさに“大人の塩キャラメル”





こちらの「塩キャラメル」は、先に紹介した「美瑛のシングルオリジンミルク」をベースに、砂糖をしっかりと煮詰めて作った、ほろ苦いキャラメルが加わった大人のフレーバーです。



ひとくち食べてびっくりするのが、その濃厚さ!キャラメルの奥深い旨味が口いっぱいに広がったところへ、アクセントの塩気が主張してきます。この塩気は、瀬戸内の海水で作られた“藻塩”によるものなのだとか。



しっかりと甘いのに、あとくちはさっぱりとしていて、喉に引っかかる嫌な感じもありません。甘さと香ばしさとほのかな苦味、さらにわずかな塩気が絶妙で、2個、3個と続けざまに食べたくなってしまうほど…。





この夏、1度は食べてみて欲しいご褒美アイス、HiO ICE CREAM。ローソンに立ち寄った際、見つけたら即ゲットして損はないですよ!



対象店舗が近くにない方も、HiO ICE CREAMの公式サイトからお取り寄せが可能なので、ぜひチェックしてみてくださいね。





カテゴリ