“マーベル好き野郎“尾上松也、『ヴェノム』『スパイダーマン』『モービウス』アンバサダーに就任

“マーベル好き野郎“尾上松也、『ヴェノム』『スパイダーマン』『モービウス』アンバサダーに就任

 歌舞伎俳優の尾上松也が、今後ソニー・ピクチャーズ配給で劇場公開されるマーベル作品『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(原題)』、『モービウス』について、映画の魅力や最新情報を発信していくアンバサダーに就任。3作品の公開に合わせ、連続的に配信していく長期プロジェクトとして、松也が映画にまつわるゲストとダベりながら未知の領域に挑む、スペシャルYouTube番組「#マベりまSHOW」の配信が決定した。



【動画】尾上松也の「#マベりまSHOW」予告編



 自宅には関連グッズやフィギュアがあふれかえっているというほど業界屈指のマーベルファンを公言する松也は自身のことを、「僕はただの“マーベル好き野郎“です(笑)。“マーベル好き野郎“として、皆さんのためにいろいろな情報をいち早く提供したいと思っています!」と、熱くコメント。



 松也が番組のホストを務めるほか、番組を進行するナレーションMCを、同じくマーベルファンを公言する藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が担当!頼れるAIスピーカー「チャラディス」として登場する。



 1回目のゲストとして、『ヴェノム』からエディ・ブロックの日本語吹替を担当する諏訪部順一と、『スパイダーマン』からピーター・パーカーの日本語吹替を担当する榎木淳弥が登場し、初回にして作品をまたぐ共演が実現。人気声優2人をゲストに、初回特別版として今月15日午後5時~、そして8月7日午後5時~、2回に分けて配信される。



 また番組の中で『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の新ビジュアルが本邦初公開されるほか、松也が2人の声優とともに「なりきり早口言葉」に挑戦。収録では、カードで引いたキャラで映画の創作早口言葉に即興チャレンジするが、諏訪部にまさかのセクシーヴェノム降臨(!?)したとか。



 次回以降も『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』にまつわる超豪華ゲストが続々登場する予定だ。番組内では映画に関する最新情報の発表も随時予定しており、マーベルファンにとって必見かつ、マーベルファン以外も気軽に楽しめる“バラエティSHOW”を目指している。

カテゴリ