ひと工夫加えるだけ!男性が思わずLINEしたくなるテクニックを伝授

ひと工夫加えるだけ!男性が思わずLINEしたくなるテクニックを伝授

今や。LINEはコミュニケーションツールとして欠かせなくなったと言っても過言ではないでしょう。


好きな人ができれば、近づくためにまずLINEの交換をしたいと思いませんか?


そして、「LINEのやり取りをしてデートに……」という流れの恋愛も多いでしょう。


とはいえ、LINE交換できたからって、やり取りが続くとは限りません。


相手に無視されてしまっては、デートはかなり難しいかも。


そこで今回は、男子がついLINEしたくなる女子がやっている、ちょっとした工夫を紹介します。




無理にゴリ押すことはしない


気になる彼とLINEの交換ができた日から、彼にガンガンLINEを送ってしまう女性もいるようです。


早く仲良くなりたい気持ちは分かりますが、それ、彼が引いちゃうかもしれません。


両想いならまだしも、あなたの片思い状態で一気に畳み掛けるようにLINEを送るのは彼からしたら引くこともあるのでしょう。


好きな気持ちが溢れ出てしまうのもわかりますが、彼とLINEのラリーをしたいのなら自分が送りたいことをひたすら送るのではなく、彼の反応も見たほうがいいです。


もしLINEを2、3通送っても、彼からあなたに対する質問がない、話を広げようとしてこないのなら、『現状は脈なし』なので一旦1〜2週間はLINEを送らないほうがいいかもしれません。


LINEのテンションを合わせる


ある程度LINEのやり取りができるようになったのなら、彼のLINEのテンションに合わせると良いかもしれません。


彼がいつも1、2行で送ってくるのに、あなたが5、6行で送ってしまうと温度差がでてくるでしょう。


彼と距離を縮めたいのなら、なるべくLINEを彼に似せたほうがいいかもしれません。


そのほうが親近感が湧きやすいというか、変に距離感らないようです。



相手の興味ある内容を話す


好きな彼には自分のことをたくさん知ってほしいと思うかもしれませんね。


かといって自分の興味あることばかり彼に送るのは微妙のようです。


彼とLINEのやり取りを続けたいのであれば、彼のテンションが少しでも上がるようなLINEをしたほうがいいでしょう。


ただラリーをするのではなく、彼の興味あることを織り交ぜた方が返信率は上がるし、彼だって興味あることなら少し熱く語ってくれるかもしれません。


自分の興味あることを語れるLINEって、ただの雑談LINEよりも楽しいと思いませんか?


たまには引いてみるのアリかも


ご紹介したようなLINEなら男性も身構えないし、時間はかかるかもしれませんがデートも夢じゃないかもしれません。


彼が返信してくれないのなら一歩引いてみるのも良いでしょう。


頻繁にLINEしてきたのにピタッと連絡が来なくなれば、大抵の人は『あれ?』と気になったりするかもしれません。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ