漫画『絶対可憐チルドレン』完結、連載約16年に幕 アニメ化もされた人気作

漫画『絶対可憐チルドレン』完結、連載約16年に幕 アニメ化もされた人気作

 テレビアニメ化もされた人気漫画『絶対可憐チルドレン』(略:絶チル 作者:椎名高志)が、14日発売の連載誌『週刊少年サンデー』(小学館)33号で最終回を迎えた。2005年の連載スタートから、約16年の歴史に幕を下ろした。(※2004年に短期連載されている)



【画像】JKになって大胆ボディ!ビーチではしゃぐ『絶チル』ヒロイン 巻頭カラーのイラスト



 同作は、増え続けるエスパーが軍事・外交・経済などの国際競走のカギを握るようになった21世紀を舞台に、日本国内では3人しか確認されていない最強超度(能力レベル)のエスパーである少女・薫、葵、志穂の3人が、特務エスパー「ザ・チルドレン」として難事件を解決していくストーリー。凄まじい能力を持っている弱冠10歳の女の子たちと、チルドレンの現場主任である20歳の科学者・皆本によるSFアクションコメディー。



 2005年より連載をスタートさせ、休載期間もありながら中学生編、高校生編を連載。テレビアニメ化(2008年)、ゲーム化もされた人気作品となっている。コミックスは第61巻まで発売されており、16日に62巻、9月17日に最終63巻が発売される。
カテゴリ