伝説の女性ガンマン題材のアニメ映画、藤井フミヤの応援コメント入り日本語吹替版予告

伝説の女性ガンマン題材のアニメ映画、藤井フミヤの応援コメント入り日本語吹替版予告

 女性は女性らしくという西部開拓時代のアメリカで、家族を支えるために髪を切り、ジーンズをはくことを決意。生きていくために必要な乗馬、馬車の運転、投げ縄といった男の作法を苦労して習得した女性ガンマン“カラミティ・ジェーン”の誕生秘話を描いたアニメーション映画『CALAMITY カラミティ』(9月23日より全国順次公開)の日本語吹替版予告映像が解禁された。絵本の翻訳の経験もある歌手の藤井フミヤの応援コメントが入っている。



【動画】『カラミティ』日本語吹替版予告



 輪郭線のない美術的な画風とリアルなストーリー展開を、故・高畑勲監督が絶賛していた『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督最新作。伝説の女性ガンマン、カラミティ・ジェーンをジェンダーレスな生き方を選択した最初の女性として描いている。



 カラミティ(厄介者)・ジェーンの少女時代。困難に立ち向かいながら自立していく主人公マーサ・ジェーンの吹替は、Youtuber・モデルとしても活躍中の福山あさき。昨年公開のルーマニア・フランス産アニメ『マロナの幻想的な物語り』(主役の犬の声はのん)において演じた通行人からの大抜てきとなった。少女から芯の強い大人の女性への変貌を新人ならでは思い切った演技で演じている。



 マーサの妹レナ役には、『アイカツフレンズ』の松永あかね、幼い弟エリージャには『あそびあそばせ』の木野日菜、マーサの親友イヴに木戸衣吹。マーサのライバルのイーサンに畠山航輔、その父親でマーサを追い込む旅団長アブラハムには杉田智和、イヴの父親には上田燿司とベテラン声優が脇を固める。浅水健太朗、成澤卓、前内孝文といった『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』でおなじみの声優陣も顔をそろえ、楽しみな布陣となっている。



 物語り後半の大事なバディ(仲間)役には『マロナ』の端役に起用した際、そのコミカルな表現力をかわれ林瑞貴が抜てきされた。福山と林、端役からの大抜てきされた新人による珍道中の掛け合いシーンも見逃せないポイントとなる。



 藤井のほかに、アニメーション監督・演出家の伊藤智彦(映画『HELLO WORLD』)、ストップモーションアニメ『PUI PUI モルカー』見里朝希監督、アニメーターの井上俊之、芸人で絵本作家である鳥居みゆき(絵本『やねの上の乳歯ちゃん』作)、芋洗坂係長(絵本『みならい天使のさんたろう』作)、芸人の川村エミコ、タレントの井上咲楽、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記らの応援コメント入りビジュアルも解禁された。

カテゴリ