踏みにじられた…男性の恋心が冷める彼女の行動5つ

踏みにじられた…男性の恋心が冷める彼女の行動5つ

基本的に男性は、いったん好きになって付き合った女性を、そう無意味に嫌いになることはないようです。


そのため、男性の恋心を冷ますいくつかの行動を避ければ、自分の意図しないタイミングで恋愛が終わるのを防ぐことができるはず。


今回は、これさえ避ければ大丈夫な、「男性が彼女に冷めてしまう5つの行動」をご紹介します。




大切な話を適当に扱う


ケンカのときに、勢いに任せて「もう別れる!」と言ってみたり、付き合いが浅いうちから「絶対あなたと結婚したい!」など。


二人の関係を大きく左右する大事な話を、適当に扱ってしまう人もいるかもしれません。


最初のうちは彼も真に受けますが、何度も続けば「また始まった……」と次第に疲弊してしまうかも。


とくに「別れる」「本当は別れたくない、不安だから試しただけ」のセットは、「誠意を踏みにじられた」と、軽蔑させてしまう可能性が高いようです。


自分の意思が全くない


いったん恋すると、恋愛が「自分の世界のすべて」になってしまう女性もいるはず。


たとえば、彼以外の人とは関わらなくなるとか、無趣味でデートのとき以外は家にこもっているなど。


そういった女性に対して男性は、「この子、他に楽しいことってあるのかな?」と疑問に思ってしまう可能性が。


ちょっとしたことでも自分で考えることをせず、なんでも彼に甘えたり頼ったりしすぎるのも危険でしょう。


「重い」「つまらない」と思われてしまう可能性もあるので、自分の意志は大切にしてください。



男性を軽く見るような言動をする


男性を軽く見るような言動をする


男性的には、女性の浮気は関係がすぐに終わりを迎えてしまうほど重罪のようです。


「浮気=他の男の方がいい」という気持ちの表れと捉えられてしまい、自分が見下されているような気持ちになるのでしょう。


また、「奢らない男性なんて無価値」と男性を軽く見るような発言をする女性に対しても男性の目は厳しくなるみたいです。


友達としては良くても、本命彼女の座に座れることはないと思った方がいいかもしれません。


感情のコントロールができない


女性が本気で怒鳴る声は、思った以上に男性を怖がらせてしまうようです。


最悪の場合、女性として見られなくなってしまうこともあるみたい。


「怒りをコントロールできない」人と一緒にいると、なんだかビクビクしてしまうもの。


「自分の気持ちを垂れ流せば、なんでも彼に受け止めてもらえる」とは思わないほうが良さそうですね。


何事もやりすぎてしまう


「尽くしすぎ」「干渉しすぎ」な女性も多いよう。


しかし、過剰すぎる行動は、男性のなかで「減点対象」になってしまうみたい。


別れの引き金になることもあるので、注意が必要です。


やたらと尽くす「尽くしすぎ」は、あなたへのありがたみが薄れ、雑な扱いを受けるきっかけになる可能性も。


また、まるでお母さんのような「干渉しすぎ」は、彼から恋愛のときめきを奪う原因にもなってしまうみたいです。


減点を避ける恋をしよう!


「いいな」と思うポイントは人それぞれですが「最悪」「ないわ」というNGポイントは、どの男性も同じようです。


お付き合いを長続きさせたいと思うのであれば、加点を狙うより減点を避けるほうがいいでしょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ