テレ東・西島秀俊主演ドラマが急上昇、『きのう何食べた?』に続く“良質ドラマ”で高満足度

テレ東・西島秀俊主演ドラマが急上昇、『きのう何食べた?』に続く“良質ドラマ”で高満足度

 夏ドラマが続々とスタート。SNSの話題も盛り上がってきているなか、最新のドラマ満足度調査(6月29日~7月5日放送を対象)で目立っているのが、西島秀俊主演の『シェフは名探偵』(テレビ東京系)のキャストとストーリーへの高評価だ。テレ東深夜枠の“良質なドラマ”はすでに定評を得ているが、本作の西島、濱田岳、神尾佑ら、味わい深い演技が織りなす物語がじわじわと話題を呼んでいる。



【画像】『ヤンジャン』で大人の魅力全開…、初グラビアに挑戦した元テレ東・鷲見玲奈アナ



 『シェフは名探偵』は小さなフレンチレストランを舞台に、冷静沈着で穏やかなシェフの三舟忍(西島)が、人並み外れた洞察力と推理力で、客たちが巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解いていくグルメミステリー。三舟のもとで働くスーシェフの志村洋二(神尾)、ギャルソンの高築智行(濱田)のキャラクター性とかけあいのおもしろさも話題を集めている。



 満足度は初回41Pt(100Pt満点)でスタート後、2話目で69Ptへ急上昇。その後も60Pt台後半と前半から好調な推移を見せている。とくに注目したいのが「主演」「主演以外のキャスト」の項目で、4話目でともに19Pt(20Pt満点)を獲得。今回調査した5話目でもそれぞれ19Pt、18Ptと高評価をキープしている。さらに「内容」についての評価も5話目で18Ptと、早くも主要項目において満点に近いポイントを得ており、多くの視聴者に支持されていることがわかる。



 視聴者からは「コミカルで仲のよさそうなレストランの雰囲気が好き」、「全体的にコメディ要素が強いのは原作と違うが、それも楽しめる」、「まるで実在するお店のようで、とても温かい気持ちになる。人と人とのつながりの大切さを感じられる素晴らしいドラマ」といった絶賛が多い。



 ほかにも「西島さんハマり役」、「西島さんのおっとりした演技と脇を固める3人のチームワークが好き」など、優しくほっこりとしたドラマの雰囲気を作るキャスト陣の好演に、男女世代を問わず好印象の声が寄せられている。



 西島とテレビ東京といえば、『きのう何食べた?』(2019年)での内野聖陽と演じたゲイカップルが視聴者の心を鷲掴みにしていた。本作でも西島、神尾、濱田の男性トリオによる演技力が、物語に奥深さを与えているようだ。



 SNSでの話題もじわじわと高まっており、これからクライマックスに向けて満足度のさらなる上昇も期待される。
カテゴリ