変化・進化するゾンビ映画、10ヶ国12作品を特集放送 日本代表は『アイアムアヒーロー』

変化・進化するゾンビ映画、10ヶ国12作品を特集放送 日本代表は『アイアムアヒーロー』

 世界的なスポーツの祭典が閉幕する翌日8月9日から、「BS10 スターチャンネル」で、「第1回ゾンビ世界選手権2021」と題し、10ヶ国12作品のゾンビ映画の特集放送が開幕する。



【画像】ゾンビ映画の元祖といえば…、ほか放送予定の映画



 ひと言で「ゾンビ映画」とくくっても、そのビジュアルや内容は三者三様。アメリカで誕生したゾンビ映画は次第に世界各国で製作され、独自の「ゾンビ」を作り出してきた。ゾンビ映画の元祖と言われるジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』で、何かの要因で蘇った死者たちが生肉を求め襲い掛かり、襲われた人たちは同じようにゆっくりと人々を襲い掛かる、そんなゾンビの定義は、近年大幅に変化・進化を遂げている。



 新幹線に追いつくほどのスピードを持った短距離走のゾンビや、倒されても起き上がるボクサー並みのタフさのあるゾンビ、車を動かすほどの重量挙げゾンビなど、各国を代表するゾンビたちが大集合。手に汗握る戦いは終わらない。



 日本代表として放送されるのは、花沢健吾の同名漫画を『キングダム』の佐藤信介監督が、大泉洋主演で実写映画化したパニックアクション『アイアムアヒーロー』。脚本を手がけたのは、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などの野木亜紀子。平凡な日常から一転、謎の感染によって“ZQN”と呼ばれるゾンビが出現して以降のスピーディーな展開や、ノンストップな迫力あるアクションも魅力。また、ゾンビ映画のルールを踏まえたサバイバルの数々も見どころ。共演は有村架純、長澤まさみ。



 特集放送初日の8月9日午後8時15分より、無料の視聴者参加型インターネット生放送局「共感シアター」にて『新感染 ファイナル・エクスプレス』の同時視聴再生会も予定されている。



■第1回ゾンビ世界選手権2021(初放送の日時)



●日本代表『アイアムアヒーロー』:8月13日 後8:45~ほか

●デンマーク代表『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』:8月15日 前11:00~ほか

●台湾代表『ゾンビ・ファイト・クラブ』:8月14日 深1:00~ほか

●オーストラリア代表『ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ』:8月12日 後9:00~ほか

●ベネズエラ代表『デッド・シティ』:8月15日 後8:15~ほか

●イスラエル代表『エルサレム(2015)』:8月15日 前9:15~ほか

●スペイン代表『サマー・インフェルノ』:8月15日 後0:45~ほか

●韓国代表『感染家族』:8月11日 後9:00~ほか

●韓国代表『新感染 ファイナル・エクスプレス』:8月9日 後8:45~ほか

●アメリカ代表『デッド・ドント・ダイ』:8月3日 後2:00~ほか

●イギリス代表『28日後...』:8月15日 後2:30~ほか

●アメリカ代表『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』:8月10日 後9:15~ほか



【放送情報】

STAR1 字幕版

8月9日(月・祝)~8月13日(金)&8月16日(月)~8月20日(金) 後9:00~連日放送

8月14日(土)後11:00~ & 8月15日(日) 前6:00~ 一挙放送(全12作品)



【配信情報】

Amazon Prime Video チャンネル 「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」でも、本特集の作品を一部配信

視聴ページ:https://www.amazon.co.jp/channels/starch
カテゴリ