【青天を衝け】第23回見どころ 篤太夫、まげを落とし洋服を着ることに

【青天を衝け】第23回見どころ 篤太夫、まげを落とし洋服を着ることに

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第23回「篤太夫と最後の将軍」が、あす18日に放送される。



【場面写真】日本では…慶喜が政権を帝に返上する



 先週放送の第22回。パリに到着した篤太夫(吉沢)たちは、さっそく万国博覧会の会場を視察。蒸気機関やエレベーター…最先端の西洋技術を目の前にして度肝を抜かれる。しかし、日本の展示ブースに行くと、そこには薩摩の紋が。幕府使節団は薩摩に抗議するも、モンブランと五代(ディーン・フジオカ)が裏で手を引き、幕府と薩摩は同格の政府であると風聞が流れた。



 今回、フランスからの借款は消滅したが、篤太夫が当面の資金繰りに奔走し、昭武(板垣李光人)は留学を続ける。家庭教師のヴィレットの教えに従い、篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることに。



 同じころ、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが、慶喜(草なぎ剛)は先手を打って政権を帝に返上してしまう。一方、血洗島では篤太夫の養子になった平九郎(岡田健史)が、江戸に向かおうとしていた。
カテゴリ