江頭2:50、復帰後初イベント 登場からエンジン全開、サガン鳥栖選手を合コン誘う場面も

江頭2:50、復帰後初イベント 登場からエンジン全開、サガン鳥栖選手を合コン誘う場面も

 お笑い芸人・江頭2:50(56)が18日、オンラインで行われた木村情報技術の創立15周年記念セミナーに出席した。療養から復帰後、初のイベントとなった。



 このセミナーは、佐賀県出身の江頭をはじめ、サッカーJ1のサガン鳥栖の選手や優木まおみとともに、進化したIT技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革させるDX(デジタルトランスフォーメーション)や、AIについて関心を深めてもらおうと企画された。



 江頭は「俺に仕事をオファーするってどんな会社だよ! はっきり言ってすごい会社! 社長、よろしくお願いします」といきなり“土下寝”を披露するなど、エンジン全開。元気な姿を見せた。



 MCの優木も佐賀県出身ということで、「俺、実は東京で佐賀県人会をやってるんだよ。そこに参加しろ! ものすごいメンバーだぞ。元弾丸ジャッキーのオラキオ、チェリー吉武。佐賀県人のビッグ3がいるんだよ!」と勧誘する場面も。また、モニター越しにサガン鳥栖の選手を合コンに誘ったり、カメラ機材を“優しく”壊そうとするなど、まさに江頭の独壇場だった。



 そのほか“江頭DX構想”として、江頭の代わりに何でも質問に答える「全知全能エガチャットボット」や、翻訳機能が付いた「マルチランゲージエガちゃん」などが披露された。



 5月3日に配信された自身のYouTubeチャンネル『エガちゃんねる』にて、ブリーフ団が登場し「きょうは皆さんにお知らせしなければならないことがあります」と切り出すと「実は江頭さんが体調不良になってしまい、3日間入院しました。今は退院し、自宅療養中です」と報告。「そこで少しの間、春休みもかねて、動画はお休みすることになりました。申し訳ございません。ちなみにコロナではありません」と説明した。その後、6月6日に配信された動画にて、江頭が“金粉姿”で登場し、完全復活を宣言した。

カテゴリ