意外と単純?男性が「既読スルーしたときの気持ち」3選

意外と単純?男性が「既読スルーしたときの気持ち」3選

LINEの既読スルーをされたときは、どう思いますか?


友達や家族から既読スルーをされても、なんとも思わないけれど、恋愛関係においては気になってしまうもの。


そこで今回は、男性が既読スルーするときの気持ちについてご紹介します。



返信するのが面倒くさい


「興味のない女性にいちいち返信するのはめんどくさいと感じますね。

あまり返さないのも失礼だとわかっているんですけどね」(28歳男性/営業)


あなたに興味がなくて返信がめんどくさいと考えている場合があります。


返信があったとしても、会話を終わらせるような素っ気ない内容であれば、脈がない可能性も。


明らかに既読スルーされている状態が続くようであれば、すっぱり諦めるのもよいかもしれません。


後で返信しようと考えている


「仕事が忙しくて、なかなか返信できないんですよね。

もともとマメじゃないので、気長に待ってもらえると助かりますね」(30歳男性/看護師)


一番可能性があるのは、相手の男性が忙しくて返信できない場合。


お互いに仕事をしていると、なかなかLINEを割けない可能性があります。


そもそもLINEで連絡を取り合うのが、あまり得意ではないという男性もいるかもしれません。


まずは、気長に待ってみるのがおすすめです。


返信内容を迷っている


「好みの女性であればあるほど、返信に悩んでしまいます。変なことをLINEして嫌われたくないし。

あと、相手の女性と生活リズムが合わないと送れる時間帯も限られるので、さらに悩みますね」(32歳男性/消防士)


男性があなたに好意がある場合や少し困るようなLINEがきた場合は、返信までに時間がかかりがち。


また、お互いに仕事をしている場合は、生活リズムがズレてしまっていることもあります。


返信までに時間がかかっても、しっかりと考えてくれたLINEの内容はあなたの心にスッと入ってくる可能性も。


相手が気を使わないテーマや答えやすい内容を返信することで、LINEの既読スルーが少なくなるかもしれませんよ。


気長に待つことも大切


既読スルーをされたからと落胆するのではなく、気長に待ってみるのもおすすめです。


今日は返ってこなくても、明日返信がくるかもしれません。


また、相手が興味を持ちやすい趣味や仕事について質問したりすると、既読スルーの可能性が減ります。


(沙木貴咲/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ