Foorin卒業へ 9・27活動終了「ついに来たか」 集大成「パプリカ」MV公開

Foorin卒業へ 9・27活動終了「ついに来たか」 集大成「パプリカ」MV公開

 2018年夏からスタートした『パプリカ』プロジェクトが、9月27日にNHK Eテレで放送される特番『パプリカ「あしたにたねをまこう!LIVE』(後7:25~7:55)をもってフィナーレを迎え、小・中学生5人組ユニット「Foorin」をはじめ、Foorin team E、Foorin楽団が卒業することが明らかになった。3年間の活動の集大成となる「パプリカ」のミュージックビデオ「あしたにたねをまこう!バージョン」フルサイズが19日、公開となった。



【写真】Foorin集大成!「パプリカ」あしたにたねをまこう!Ver



 「パプリカ」は「2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクト」の曲として、2018年に米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを担当。振付は世界的ダンサーの辻本知彦と菅原小春が手がけた。歌唱するFoorinはメインボーカル:もえの、ひゅうが、コーラス&ダンス:たける、りりこ、ちせの5人組で、歌って踊る姿を「風鈴」に例えて米津が命名した。



 2018年7月19日に「パプリカ」ダンスミュージックビデオが公開されると、日本中の子どもたちが口ずさむほどの社会現象となり、2019年末にはFoorinが史上最年少で『第61回日本レコード大賞』を受賞。紅白歌合戦には2019年・20年と2年連続で出場した(18年も特別企画で出演)。ダンスミュージックビデオは2.2億再生超、米津玄師セルフカバーは1.2億再生超、関連動画は合計4.7億再生を記録している。



 きょう19日に公開されたMVは、Foorinのほか、英語ネイティブの「Foorin team E」、病気や障害のある子どもたちと結成された「Foorin楽団」も総出演。奧山大史監督がメガホンをとり、未来の世界でなりたい自分になり、多様性をもって楽しく生きる姿を映像化した。少し難易度の高いフォーメーションが加わったパワフルなダンスとなっており、この3年で成長したFoorinから子どもへの最後のプレゼントとなる。



 「パプリカ」プロジェクトのグランドフィナーレとなるEテレの特番では、活動の軌跡を振り返るとともに、Foorinがラストパフォーマンスを行う。



■Foorinメンバー コメント



▽もえの

すごく寂しいけどFoorinでいられて本当に幸せでした!

いつも支えてくださり応援してくださった皆様に心から感謝しています。

新MVでは「大人になったFoorin!」

そして、未来への希望が伝わるといいなと思います。



▽ひゅうが

もうみんなとパプリカを歌って踊れないのは寂しいけど、最後まで全力で元気をお届けします!

未来へ向けて、皆で笑顔の”パプリカの花”を咲かせた最後のMV、ぜひご覧ください!

心からの“ありがとう”を込めて。



▽たける

解散を聞き、素直に感じた事は「ついに来たか」と思い、

それと同時に皆怪我など無く終われた事に少しホッとしました。

この3年間はたくさんの人の力で出来たので、MVでは感謝の気持ちを持って撮影に臨みました。



▽りりこ

この3年間、思いもしない大切な経験をさせて頂きました。これからは辛いこともあると思いますが、

この経験があるから乗り越えていけると思います。新MVはキラキラした未来への希望を込めた、最高最強の作品です!



▽ちせ

Foorinの活動は本当に楽しかったです!ありがとうございました!

新MVは多彩で多様な未来を作りたいという気持ちで歌いました。

これからも「パプリカ」がみんなの夢や挑戦の「たね」になれたらうれしいです!



■奥山大史監督 コメント

「あしたにたねをまこう!」

Foorinが繰り返し唱えてきたこの言葉には、

「みんなが夢を叶えられる世界になるために」という枕詞が隠れている気がします。

そんなことを考えながら作ってみたら、あたたかい映像ができあがりました。

Foorinのみなさん、3年間、本当にお疲れ様でした!
カテゴリ