成分を組み合わせてスキンケアを“DIY”。コスパ最強ブランド「ONE THING」がついに日本上陸です


韓国発のスキンケアブランド「ONE THING(ワンシング)」が、日本での販売をスタート。



7⽉20⽇(火)より全国のPLAZA、MINiPLAにて先⾏発売され、8⽉からは全国のバラエティショップでも順次発売されますよ。



ONE THINGって?





ONE THINGは、“ひとつの成分”にこだわって作られた化粧水がアイコンの、韓国発スキンケアブランド。「ドクダミ」や「ツボクサ」「カレンデュラ」「ハトムギ」など、単一の成分に特化したアイテムを展開しています。



コンセプトは「不必要なコストを取り除き、お肌に必要なただ“ひとつ”の原料をご提案します」。成分だけではなく、さまざまな不要コストを取り除き、広告費もかけず、口コミだけで広がったコスパ最強のスキンケアブランドです。



13種類の化粧水で、スキンケアを“DIY”できちゃう!





お肌の悩み別に作られた13種類の化粧⽔は、お肌の状態に合わせて最適な種類をセレクトできることが魅⼒。



いくつかの化粧水を組み合わせたり、パッドに浸してローションパックにしたり、⾃分のお肌にあったスキンケアを“DIY”することもできます。さらに、ほかの化粧水やクリームなどに混ぜて使うこともでき、新感覚のスキンケアが楽しめますよ。








原材料は植物性100%で、ヴィーガン認証も取得。化学添加物不使⽤のため、安心して使用することができそうです。



化粧水の容量はいずれも150mlで、価格は種類によって異なりますが、税込1320~2750円ほど。手が届きやすい価格帯なのもうれしいですよね。





不要なコストを取り除いたおかげで、お肌にも、お財布にも、環境にもうれしいスキンケアに。



これまでもQoo10などから購入ができましたが、ついに店頭で実際に手にとれるようになりますよ。7月20日(火)のPLAZA、MINiPLA先⾏発売と、8月からの全国発売が楽しみですね!



Qoo10:https://bit.ly/3xOCM4x

Instagram:@onething_official.jp



カテゴリ