高嶋政宏「興奮のるつぼです」 高校時代の“憧れ”高橋克典との共演に

高嶋政宏「興奮のるつぼです」 高校時代の“憧れ”高橋克典との共演に

 俳優の高嶋政宏が19日、都内で行われた舞台『醉いどれ天使』の製作発表記者会見に出席した。



【集合ショット】桐谷健太、高橋克典、佐々木希ら豪華キャスト陣が登場!



 名匠・黒澤明監督と、名優・三船敏郎。後に傑作を生み出し続けることになる2人が初めてタッグを組んだ映画が『醉いどれ天使』。日本映画史上最強コンビの原点ともいえる作品の舞台化となる。ある夜、銃創の手当てを受けに、闇市の顔役の松永(桐谷健太)が真田(高橋克典)の元へやってくる。真田は闇市の界隈に住む人々を診る町医者で、酒が好きで口は悪いが、心根は優しく一流の腕の持ち主。顔色が悪く咳込む松永を、診療所で住み込みで働く美代(田畑智子)も心配する。一目見て肺病に侵されていると判断し真田は治療を勧めるが、松永は言うことを聞かずに診療所を飛び出し、居酒屋で働く同郷の幼馴染・ぎん(佐々木希)を訪れ、闇市の様子を見回るのだった。



 高嶋は「久しぶりに製作発表の場にいます。さすが三池組は豪華ですね」とニヤリ。「僕が映画界で最も崇拝する黒澤監督と三船敏郎さん。このお2人のコンビが始まった記念すべき『醉いどれ天使』に出られるなんて本当に興奮で。家でマネージャーから連絡を受けた時に『うそだろ!』って叫んだぐらい」とオファーを振り返った。



 また、「ずーっと三池監督の映画に出たかったんですけど、その願いが舞台でかなうとは」としみじみ。「三池監督の舞台を見に行ってますから。興奮のるつぼですよ」としっこり。続けて「高校生の時、クラブやディスコにいるとベージュの革の上下に包まれたカッコいい高橋克典さんが(いた)。高校時代の縁を経て再び舞台で共演できる。最高です。楽しみにしています」と熱弁し「興奮を空回りさせないように一つひとつ積み重ねていきたい」と口にしていた。



 会見には、脚本の蓬莱竜太氏、演出の三池崇史氏、桐谷健太、高橋克典、佐々木希、田畑智子、篠田麻里子も参加した。



 東京公演は、明治座で9月3日から20日まで、大阪公演は、新歌舞伎座で10月1日から11日まで。
カテゴリ