仮面ライダー2号・佐々木剛、1号・藤岡弘、との絆を語る 急きょ出演も「バトンタッチで責任果たせた」

仮面ライダー2号・佐々木剛、1号・藤岡弘、との絆を語る 急きょ出演も「バトンタッチで責任果たせた」

 俳優の藤岡弘、(75)、佐々木剛(74)、宮内洋(74)が19日、都内で行われた映画イベント『KAMEN RIDER FILM ARCHIVE SPECIAL NIGHT』に参加。レジェンドライダー3人が約8年ぶりに集結した。



【動画】ファン歓喜!仮面ライダー1号・2号・V3が変身ポーズ生披露!



 藤岡は本郷猛/仮面ライダー1号役、佐々木は一文字隼人/仮面ライダー2号役、宮内は風見志郎/仮面ライダーV3役を務めるレジェンドライダー。3人がそろうのは、2013年10月に行われたイベント以来で約8年ぶりとなる。



 今年50周年を迎えた『仮面ライダー』だが、前途は多難だった。撮影中のアクシデントで、藤岡が生死をさまよう重症を負い、急きょ登場することになった一文字隼人/仮面ライダー2号として白羽の矢が立った佐々木だった。「バイク事故を起こしたことでお鉢がこっちに回ってきた。当初、2本のドラマが入っていたもんですから、スケジュールがまったくなくてお断りしたんですけど断りきれず。事務所の方からも『柔道一直線でデビューさせてもらったんだから、ここで恩を返してこい。あと1クールだから』と」と佐々木は当時のやり取りを再現すると「断らなくてよかった」としみじみ。



 「彼がけがをしなかったら回ってこなかった。それを思うと、よくけがしてくれた」と佐々木が冗談交じりに語ると藤岡は「私が生死をさまよう重症の中でね、彼は劇団の養成所で一緒だったんです。そんな彼がですよ『藤岡のためならやろう』と決意してくれたことに今でも感謝している。私が戻ってくるまで責任持つということで」と絆を語った。佐々木も「戻ってくる場所をつぶさなくてよかった。本当にバトンタッチできて責任を果たせたと思う。うれしかったです」と口にしていた。



 最後に佐々木は「また、55周年でお待ちしております」とメッセージ。ファンから大きな拍手を受けていた。



 この日は、『仮面ライダー1号』から『仮面ライダーBLACK』までの劇場版8作品を収録した『仮面ライダー THE MOVIE 1972-1988 4K リマスターBOX(4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray Disc 4枚組)』が11月10日に発売されるのを記念したイベント。この模様は同作の特典として収録される。
カテゴリ