10秒で済む真偽判定!完全AI鑑定サービス「CheckGoods」が登場

10秒で済む真偽判定!完全AI鑑定サービス「CheckGoods」が登場


超越は7月、完全AI真偽鑑定サービス「CheckGoods」の提供を開始。リリース記念として、期間限定で無料鑑定キャンペーンを開催している。

完全AI真偽鑑定サービス



「CheckGoods」は、完全AI鑑定技術を利用した、10秒で済むAI真偽鑑定サービス。現在の対象商品はスニーカーを始め、ブランドバッグや高級時計が鑑定可能となっている。

近年、リユース商品の真偽を確認するために、多くのフリマサイトが鑑定サービス業者と連携し、商品の真偽鑑定サービスを提供している。しかし、現在の真偽鑑定の80%以上は人力のため、1日の作業上限もあり、作業中のミスも回避できない。

同社の完全AI鑑定サービスは、人力鑑定とは違い、鑑定の過程には人為的な影響がなく、AIが特定するアルゴリズムだけでモノの真偽を判断するのが特徴だ。

99%以上の正確率


「CheckGoods」は、国内において特有な最新AI真偽鑑定技術により開発。AIはニューラルネットワークを利用し、数千万の正規品の画像から、十万の鑑定ポイントを取り出している。アップロードした画像と対比し、鑑定ポイントごとに採点、最後に総合的な結果を出す仕組みで、最大99%以上の正確率に達しているという。

10秒で判定可能


今までの鑑定サービスは鑑定士が一個一個判断するため、正確な結果を出すには、少なくとも数十分の時間が必要となる。さらに個体差や経験不足などの状況もあり、一つの商品において、平均2時間以上かかることもあるという。

同サービスは全てAIで判断するため、10秒で撮った写真とデータベースとを比較でき、すぐに結果がでる。

鑑定報告書を出すことも可能


また同様のサービスには鑑定結果だけを表示する場合も多いが、「CheckGoods」は、同社独自の技術で、結果だけではなく、判別過程や理由、大事なチェックポイントも同時に表示。それらをまとめて、鑑定報告書を出すことも可能だ。

詳細は「CheckGoods」ホームページにて確認を。無料体験実施中に試してみては。
カテゴリ