赤井英和、主演作が上西雄大監督の“生涯最高の宝物”に 独特な関西弁は「唯一無二」

赤井英和、主演作が上西雄大監督の“生涯最高の宝物”に 独特な関西弁は「唯一無二」

 俳優の赤井英和が17日、大阪で公開中の映画『ねばぎば 新世界』の舞台あいさつに参加した。



【写真】初日舞台あいさつには赤井英和&佳子夫妻が登場



 赤井は「初回上映から、たくさんのお客様に来ていただきまして感謝申し上げます」と感慨しきり。W主演も務めた上西雄大監督は「赤井さんと一緒にバディを組んだ作品に出演し、たくさんの方々に観ていただけて身が震えるほど感動しております」と口にした。



 「赤井さんの、いちファンとして、その魅力を見せられる作品にしたかった」と上西監督は話し「赤井さんの大阪弁は唯一無二、それをこの映画で真ん中にキチッと通して描ければ」と構想を振り返った。そんな作品に対し、赤井は「ドキがムネムネ、胸がドキドキしましたね」とダジャレを交えつつ「昭和の名作『悪名』を観ているような感じがして、この2人がこれから何をしでかすんかな」と今後のシリーズ化への期待を語った。



 舞台挨拶の最後には「別の座席で観ていただいたり、繰り返し観ることで、また新しい発見がある映画だと思います。ぜひとも、また劇場に来て、ご覧いただけたらなと思います」と赤井は呼びかける。上西監督も「生涯最高の宝物」と本作への強い思い入れを語りつつ「一作で終わらせたくないので、観て、楽しかったなと思われた方は、ぜひSNS等で広げていただけるとありがたいです! 続編を観たいと思いませんか?」という呼びかけには観客席から盛大な拍手が送られた。



 舞台あいさつには、徳竹未夏、上山勝也、草刈健太郎、古川藍も参加した。



 本作は大阪・新世界を舞台に、若かりし頃にヤクザの組を潰して回った“勝吉”こと村上勝太郎と、その弟分の“コオロギ”こと神木雄司を軸に展開するアクションドラマ。ある少年と恩師の娘を問題のある宗教団体から救い出すために奮闘する。
カテゴリ