まさにクリティカルヒット!男性の心をわしづかみにするアプローチ

まさにクリティカルヒット!男性の心をわしづかみにするアプローチ

誰しも、自分が好きになった人とお付き合いしたいと思うもの。


しかし、相手の気を引こうと必死になりすぎると、逆に迷惑がられてしまって距離を置かれてしまい、思いを伝えることすらできないことも…。


失敗しないためにも、相手を振り向かせるアプローチ法は知っておきたいですよね。


そこで今回は、男性の心を動かすキラリと光るアプローチについてご紹介します。




アピールはさりげなく


「彼のことを、ちゃんと見ていることをさりげなくアピールしました。


『よく周りが見えてるよね』『最近疲れてるみたいだけど、元気?』などと声を掛けていたら、『俺のことをわかってくれてる……』って彼の方から告白してくれました」(27歳女性/化粧品会社勤務)


自分のことをちゃんとわかってくれて、気をつかってくれたり、褒めてくれる存在はとてもありがたいもの。


いつも見ていることや自分を理解してくれていることをさりげなくアピールされると、キュンとする男性もきっといるはずです。


あえての手書きメッセージ


「缶コーヒーに『お疲れ様。差し入れだよ』とメモを添えたり、書類の整理を頼まれたら『お礼にコンビニでスイーツ買ってね(笑)』と書いたり。


すると彼が『キレイな字の手紙を貰えるのが楽しみで、それからだんだん君のことが気になるようになった』って!」(24歳女性/医療機器メーカー勤務)


好きな男性に印象を残したいなら、LINEやメールではなく手書きでメッセージを書くのは効果的かもしれません。


キレイな文字でつづられた温かいメッセージは、きっと彼の心にも響くはずです。



告白はストレートに


「好きになった職場の先輩とどうしても付き合いたくて、あえて正攻法で攻めることに。面と向かって『好きです』と告白して、その後は、普通に接していました。


すると先輩の方から、『誠実に告白してくれたのは君が初めて。その気持ちに応えたい』と言ってもらえました」(23歳女性/営業アシスタント)


ヘタな駆け引きをするより、真っ向から思いを伝えるほうがうまくいくこともあります。


それに、男性は素直に「好き」といわれるだけでうれしくなるものです。


もちろん、告白するときは、LINEや電話ではなく、相手の目を見て真剣に思いを伝えましょう。思いを受け入れてもらえなくても、相手に自分を意識させることはできるはずです。


重要なのは誠実さ


相手をモノにしたいなら、自分の気持ちを誠実かつ確実にアピールすることがポイントです。


LINEやメールなどに頼らず、言葉にしてまっすぐに思いを伝えていきましょう。


(愛カツ編集部)



カテゴリ