送信しないで!「一発で恋が終わっちゃうかもしれないLINE」を紹介

送信しないで!「一発で恋が終わっちゃうかもしれないLINE」を紹介

LINEだけで恋が終わってしまう、そんなケースもあるようです。


そんな残念なことにならないように今回は、「一発で恋が終わっちゃうかもしれないLINE」をヒントとしてお伝えします。



怒りや不満バクハツなメッセージ


喧嘩の後に、LINEメッセージで怒りや不満を伝えるのは避けた方が良いでしょう。


LINEは思った以上にメッセージだけだと「冷たくきつい」印象を相手に与えるようです。


一方的にぶつけられたと感じ、男性は、どんどん心の距離を取るようになってしまう可能性もあります。


たとえ年齢差があるケースであっても、怒りや不満は直接会って話し合った方が良い場合もあるようです。


自分の気持を長文で送りつける


LINEメッセージ機能でのやり取りは、「一方通行的な要素も持つコミュニケーションツール」だということを忘れない方が良いかもしれません。


メッセージを受け取った方は、「押しつけ感満載」とストレスを感じることもあるようです。


特に自分の考えや意見を長々と書かれると、受け取った方はどう返事をして良いのか悩んだり、長い返信をすべきか不安になったりする場合もあるでしょう。


恋に致命的なダメージを与えてしまうリスクが高まるかもしれません。


会話がテンプレート化されている


たとえば、LINEを決まった時間に決まった分量や言葉で送っている方は、気になる彼に誤解されてしまうリスクが高いかもしれません。


彼がが「自分は軽んじられている」と感じるようになる場合も考えられるでしょう。


長さやタイミングにバリエーションを持たせるように心がけると良いかもしれません。


他の男性の話を続けられる


他の男性のことをLINEメッセージに記載することは控えましょう。


男性は本気であればあるほど、非常にやきもちを焼く場合もあるようです。


嫉妬ややきもちからどんどん不安が煽られ、非常に大きなストレスを抱えることにつながる可能性が高いでしょう。


向こうから来ない限りLINEを送らない


仕事などが忙しいとき、LINEの返事の頻度が落ちるのは納得でしょう。


裏を返せば、そうなっても信頼関係が崩れないと安心している相手になっているともいえるかもしれません。


一方、女性がやりがちな落とし穴としては、「返事がまだ来ていないからメッセージを送らない」というケースのようです。


「俺から送らないとLINEできないんだ……」


そういう印象を持たれてしまい、彼が連絡を遠慮してしまうケースもあるようです。


文章だからこそ配慮が必要かも


いかがでしたでしょうか?


今回お伝えしたような特徴を持つLINEメッセージは恋を終わらせてしまうリスクがあると言えるでしょう。


気になる彼に送る前にLINEを見直すヒントとしてぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ