47都道府県50種類のかき氷が味わえる!「第4回 nicoe かき氷甲子園2021」開催

47都道府県50種類のかき氷が味わえる!「第4回 nicoe かき氷甲子園2021」開催


7月21日(水)~9月12日(日)の期間、春華堂が「浜北スイーツ・コミュニティnicoe(二コエ)」にて、47都道府県50種類のかき氷が味わえる「第4回 nicoe かき氷甲子園2021 ~47都道府県 キラッと光る食材を探せ!~」を開催中だ。

日本全国の特産物をかき氷で楽しむ



菓子づくりに欠かせないのは美味しい素材。それらを作る日本全国の生産者のこだわりや想いを、お菓子を通して広く伝えたいと、2018年より開催されている「nicoe かき氷甲子園」。

昨年から続くコロナ禍で、世界中・日本中が大変な状況にあるが、浜松に根付く菓子屋として、「nicoe」として、特に静岡県内の人に日本全国の特産物をかき氷で少しでも楽しんでもらう機会を設けることができればと、今年の夏も「nicoe かき氷甲子園」が開催されることとなった。

リニューアル&新登場かき氷も



1st stageは7月21日(水)~7月25日(日)、


2nd stageは7月28日(水)~8月1日(日)、


3rd stageは8月4日(水)~8月9日(月)、


4th stageは8月11日(水)~8月15日(日)、


5th stageは8月18日(水)~8月22日(日)、


6th stageは8月25日(水)~8月29日(日)にて競われる「第4回 nicoe かき氷甲子園2021」。

今年は、静岡県の“果実の王様”クラウンメロンや、佐賀県のいちごみるくに仕立てたさがほのか、そして現在かき氷甲子園2連覇中の栃木県・夏イチゴがパッションフルーツと組み合わせ新たなかき氷になるなど、6種がリニューアル。

さらに、新たな特産品を起用した、静岡県の遠州落花生や高知県の和ハッカ、思わずキュンとする甘さの青森県のあんずなど、6種のかき氷も新登場する。

スタンプラリーで大地のパイGET!


さらに今年はスタンプラリーを開催。


日本の6つのエリア、北海道・東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国地方・四国地方、九州・沖縄地方のかき氷を制覇すると、大地のパイ3個入りがプレゼントされる。

今年の夏は「第4回 nicoe かき氷甲子園2021 ~47都道府県 キラッと光る食材を探せ!~」でかき氷を楽しんでみては。

■浜北スイーツ・コミュニティnicoe内 特設会場
住所:静岡県浜松市浜北区染地台6-7-11
休館:毎週 月・火曜 ※8月第2週は、8月10日(火)のみ休み
価格:種類により異なる
カテゴリ