英ロンドンの名門ライブハウスで撮影 洋楽ファンも見逃せない映画『ビルド・ア・ガール』

英ロンドンの名門ライブハウスで撮影 洋楽ファンも見逃せない映画『ビルド・ア・ガール』

 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のビーニー・フェルドスタイン主演で、作家・コラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説を映画化した『ビルド・ア・ガール』(10月22日公開)の予告編が公開された。



【動画】映画『ビルド・ア・ガール』予告編



 物語の舞台はオアシス、ブラー、プライマル・スクリーム、ハッピー・マンデーズやマニック・ストリート・プリーチャーズといった人気バンドが、ロックシーンに旋風を巻き起こした90年代前半のイギリス。



 郊外で暮らす冴えない高校生・ジョアンナ(ビーニー・フェルドスタイン)が退屈な日々に「もう耐えられない! 爆発してやる!」と単身ロンドンに乗り込み大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。



 髪を真っ赤に染め、大胆で奇抜な衣装に身を包み、人気音楽ライター“ドリー・ワイルド”の才能を見事に開花させるも、取材で出会ったロック・スターのジョン・カイト(アルフィー・アレン)に夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。



 「生き残りたいなら、全て蹴散らせ!」という編集部のアドバイスにより、アメリカのヒップホップグループ、ハウス・オブ・ペインをこき下ろしたかと思えば、伝説のバンド、クイーンの名曲を「ボヘミアン”寒”ソディ」呼ばわりするなど過激な毒舌記事を書きまくることでふたたび返り咲く。地位と名声、お金も手に入れた彼女だが、徐々に自分の心を見失い、「最近のあなたは狂ってる」と家族にも見放されて…。



 そんな挫折や痛い経験をするたびに自分を見つめ直し、ふたたび突き進んでいくジョアンナ。今の自分を受け入れ、失敗を恐れずに何度でも挑戦していく彼女の魅力が詰まった愛すべき映像に仕上がっている。



 また、アルフィー・アレン演じるジョン・カイトのライブシーンは、マドンナやプリンス、ブルーノ・マーズら数々の有名ミュージシャンがライブを開いてきた、ロンドンの名門ライブハウスKOKOで撮影を行うなど、洋楽ファンも見逃せない作品となっている。



 場面写真8点も解禁され、「何かが起こるのを待っていても人生は変わらない!」と、勇気を出して初めての世界へ一歩踏み出すジョアンナや、編集部のメンバーを連れてロンドンを闊歩する様子、さらに憧れのロック・スター、ジョン・カイトとのシーンなど、ジョアンナと彼女を取り巻くキャラクターたちの姿を見ることができる。

カテゴリ