マスクにつかない韓国ティントおすすめ3選!【現地レポ】ハングクTIMES Vol.17

マスクにつかない韓国ティントおすすめ3選!【現地レポ】ハングクTIMES Vol.17

 音楽、ドラマ、映画などさまざまエンタメコンテンツが盛り上がり、まさに時代は“第4次韓国ブーム”。実際に現地に行って楽しみたくても、コロナの影響で韓国に行くのは難しい日々が続きます。そんなあなたに、グルメ・ファッション・コスメなど気になる情報も含めて、韓国在住のライターが現地の最新レポートを週替りテーマで毎週金曜日にお届けします!



【比較写真】ティント3種でマスク・カップへの付き具合を検証!クレンジングでの落ちも



 こんにちは、韓国在住ライターの二俣愛子です。マスクの常用で気になるのが、ファンデーションやリップがマスクにつくこと。以前、この連載で「マスクにつきにくいクッションファンデーション」をご紹介しました。今回は、リップアイテムを取り上げたいと思います。また、この記事の最後には各アイテムの色落ち具合を比較していますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。



■コツ!「ティント」を選んでティッシュオフしよう



 アイテムをご紹介する前に、まずはマスクにつきにくいアイテムの選び方とちょっとしたコツを。



 マスクにつきにくいことを重視するならば、リップスティックよりもティントリップがおすすめです。ティントとは「染める」という意味。みずみずしいテクスチャーのものが多く、唇を染めて色づきます。



 塗ってから数分置き、さらにティッシュオフすると色がより定着してマスクにもつきにくくなります。



 私自身、韓国コスメが大好きで過去にさまざまなものを試してきてみつけた“マスクにつきにくい”ティントを厳選しました!



■口コミアプリNo.1の実力!BibAのティント



 BbiAのティントは、韓国の国民的なコスメの口コミアプリ「ファへ」のティント&リップランキングで上位を占める常連アイテムです。また、なんといってもプチプラで手に入るのが支持されている理由のひとつ。



 さまざまなシリーズのティントが登場していますが、カラー展開が豊富でどれも落ちにくい。そのなかでも個人的におすすめなのが「グロウ リップ ティント」です。



 最近、韓国ではウォータリーなテクスチャーのティントがトレンド。ムラなく色づくのと、BbiAのティントシリーズのなかでもくすみ系カラーが揃うのでとってもお洒落です。



 見たままのキレイな発色も魅力で、塗った直後はウルウル感がしっかりと残っています。ティッシュオフしてもカラーはそのまま。ただ、ツヤ感はかなり落ち着いた印象。



 ティッシュオフしたあとにマスクに両手で唇を10回押し付けた検証も。ほんのりと色が残りましたが、言われないとわからないほどのかすかな色落ちでした。コーヒーカップで水を飲んでみると、ほんの少し水ににじむように色が落ちました。ただし、一般的なリップのように唇の形にあとがつくことはなし。



●BbiA「グロウ リップ ティント」の特徴

・韓国の口コミアプリNo.1ブランド

・みずみずしくムラなく色づく

・マスクにほぼつかない

・クレンジングをしっかりしないと落ちない

・コスパ抜群!



■別名・水膜ティント!rom&nd「グラスティング ウォーター ティント」



 韓国のインフルエンサーたちが手掛けるブランド、rom&nd。今っぽいカラーティントが豊富にラインナップされている人気ブランドです。



 rom&ndにもティントシリーズが複数登場していますが、今回ピックアップしたのは水膜ティントの異名を持つ「グロウ リップ ティント」です。べたつきゼロで潤いだけを残してしっかり発色。同ブランドのほかのティントシリーズも試しましたが、これが一番色残りがよかったです。



 今回はマスクにつきにくくするためにティッシュオフしていますが、塗ってから数分待つと浮き上がるようにツヤが生まれる不思議な感覚が楽しめるのも魅力。ツヤが出る前に指でなじませるとその効果が薄くなってしまうので要注意。



 ティッシュオフするとツヤ感が若干落ち着く印象。発色はほぼ変わらずキレイな色をキープ!ティッシュオフ後のマスクに唇を押し付けてみると、BbiA同様にうっすらつきましたが、よくみないとわからない程度。また、水を飲んでも色落ちが少なかったです。



●rom&nd「グロウ リップ ティント」の特徴

・ティッシュオフしてもそのままの発色

・マスクにほぼつかない

・水を飲んでも色が落ちにくい

・塗って数分後にツヤが発生する



■パッケージにもときめく!lilybyred「グロッシー レイヤー フィクシング ティント」



 繊細なカラーラインナップとリップ&ティントシリーズが豊富なブランド、lilybyred。こちらは保湿効果も高い「グロッシー レイヤー フィクシング ティント」です。



 塗ってから10分置くことで、唇の表面に膜がはり、色の定着度がアップ。そのためマスクにつきにくいと人気のティントリップです。



 また、もともとの唇の色に優しくなじむ、いわゆる「MLBBカラー」が揃います。水分をぎゅっと閉じ込めたようなちゅるちゅるとした質感を作ってくれるのもステキ。塗った直後もティッシュオフ後も変わらない発色とツヤ感がすごい。



 検証ではマスクにはほぼつきませんでした。ただ、水を飲んだカップの口には水に溶けだすように色落ちしました。3アイテムのうち飲み物に一番弱いと感じたのがコレ。



●lilybyred「グロッシー レイヤー フィクシング ティント」の特徴

・塗って10分後に膜が張って色落ちしにくくなる

・ティッシュオフ後も色ツヤをキープ

・マスクにほぼつかない

・水には色が少し溶ける



■一番色が落ちにくいものはどれか比較してみた!



 腕に塗って5分たった状態から、クレンジングウォーターをしみ込ませたパッドでふき取り、色がどれだけ残っているかを比べてみました。上からlilybyred、BbiA、rom&ndです。



 一般的なティントであれば、クレンジングの1回ふきとりでも落ちるものが多いのですが、今回ピックアップした3アイテムはどれも色をキープ。5回ふき取りしてもすべての色が残っているのがわかります。



 さらに、3アイテムのうち1つの色が落ちるまで何度もふきとってみました。結果、一番色が落ちにくかったのはBbiA、次にlilybyred、rom&ndの順番でした。



 ただし、飲み物を飲んだときに色が落ちにくかったのは、1位rom&nd、2位BbiA、3位lilybyredでした。



 大差はありませんが、この3アイテムのうち最も色が落ちにくいのは「BbiA」といえそうです。



■マスクにつきにくいティントでメイクをもっと楽しく!



 韓国の“マスクにほぼつかない”ティントをご紹介しました。今回ピックアップした3点は、どれもマスクにほぼつかず、色落ちについても特別大きな差はありませんでした。そのため、ブランドやテクスチャー、色によってお好みを選んでみてください。リップカラーの色落ちが減れば、もっと心置きなくメイクが楽しめるはず!



※掲載商品は、韓国のコスメショップで購入したもので各店で展開されている価格です。

※掲載価格は、1000ウォン=95.47円で計算しています(2021年7月21日現在)。



■今月のエンタメニュース



 プロデューサーでシンガーソングライターのPeakboyのニューシングル「GYOPO HAIR STYLE」のミュージックビデオ(MV)に、彼の親友であるBTSのV、俳優のパク・ソジュンやチェ・ウシク、「ZE:A」のパク・ヒョンシク、モデルで俳優のハン・ヒョンミンが登場するのではないかと期待が集まっています。20日に公開されたティザーで、彼らと推定される人物が映っているとニュースになりましたが、個人的にはこの動画だけでは、わからないなという感じ。このMVは、2021年7月25日午後6時に公開になります。どんな映像になるのか楽しみ!
カテゴリ