永野芽郁、新型コロナ感染「自宅にて療養」 主演ドラマ『ハコヅメ』今後の放送「検討中」

永野芽郁、新型コロナ感染「自宅にて療養」 主演ドラマ『ハコヅメ』今後の放送「検討中」

 女優の永野芽郁(21)が新型コロナウイルスに感染したことが23日、所属事務所の公式サイトで発表された。



【写真】朝一番に“きらきら”の笑顔 永野芽郁のインスタグラム



 サイトでは「永野につきましては、7月20日の夜に微熱と倦怠感の症状が見られ、翌21日には平熱に戻っていたものの前日から続く倦怠感のため、同日医療機関を受診したところ脱水症状による熱中症であると診断されました」とし、「しかしながら、翌22日には再び発熱の症状が見られたため、改めて医療機関にてPCR検査を実施した結果、同日陽性であることが確認されました」と報告した。現在も発熱の症状は続くものの、「保健所の指示により自宅にて療養している」という。



 永野は現在、日本テレビ系ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(毎週水曜 後10:00)に、戸田恵梨香とともに主演している。同局はORICON NEWSの取材に対し「放送予定については現在検討中です」と回答した。
カテゴリ