【五輪開会式】森山未來がパフォーマンス コロナ犠牲者にささげる 「感動した」「圧巻でした」の声

【五輪開会式】森山未來がパフォーマンス コロナ犠牲者にささげる 「感動した」「圧巻でした」の声

 東京オリンピックの開会式が23日、東京・国立競技場で行われ、俳優の森山未來が出演した。兵庫出身で阪神淡路大震災で被災した経験を持つ森山が、コロナ犠牲者にささげるパフォーマンスを披露し、黙とうが行われた。



【写真】”聖火ランナーユニフォーム”を着用した石原さとみ



 このパフォーマンスに、SNS上では「感動した」「エネルギッシュだった」「圧巻でした。息を呑むとはこのこと」「未來くん、本当にありがとう!」などの声が相次いでいる。



 開閉会式の共通コンセプトは「Moving Forward」、開会式は「United by Emotion」、同閉会式は「Worlds we share」で、いずれも「世界へ向けたメッセージで、あえて和訳はつくっていない」という。なお、式典の制作進行を管理するエグゼクティブプロデューサーはスポーツマネジメント会社を経営する日置貴之氏。聖火台のデザインは欧州などで高い評価を受ける佐藤オオキ氏が手がけている。
カテゴリ