【五輪開会式】市川海老蔵&上原ひろみが異色の共演

【五輪開会式】市川海老蔵&上原ひろみが異色の共演

 東京オリンピックの開会式が23日、東京・国立競技場で行われ、歌舞伎俳優の市川海老蔵と世界的ジャズピアニストの上原ひろみが共演を果たした。



【写真】”聖火ランナーユニフォーム”を着用した石原さとみ



 開会式の後半、劇団ひとりがクルーの一員となり、開会式演出を“イタズラ”するパフォーマンスを経て、隈取りを施した海老蔵がステージに登場。豪快に見得を切ると、ステージ上に上原が現れ、超絶技巧のソロピアノで魅了。歌舞伎とピアノという異色の共演が繰り広げられた。



 開閉会式の共通コンセプトは「Moving Forward」、開会式は「United by Emotion」、同閉会式は「Worlds we share」で、いずれも「世界へ向けたメッセージで、あえて和訳はつくっていない」という。なお、式典の制作進行を管理するエグゼクティブプロデューサーはスポーツマネジメント会社を経営する日置貴之氏。聖火台のデザインは欧州などで高い評価を受ける佐藤オオキ氏が手がけている。
カテゴリ