「彼女持ちのカレ」に恋したときに、意識するべきことって?

「彼女持ちのカレ」に恋したときに、意識するべきことって?

「気になるカレには、もうすでに恋人がいた……」


モテる男性のことは、周囲がほうっておきません。このようにガッカリすることも、割とありがちでしょう。


とはいえ一度好きになったら、恋心をすぐに落ち着かせるのは難しいかもしれません。


この気持ち、いったいどうすればいいのでしょうか。


今回は「『彼女持ちのカレ』に恋したときに、意識するべきこと」を紹介します。



カレの相談相手になる


王道ですが、悩んでいるカレのよき理解者になってあげるのも効果があるでしょう。


とくに交際が長くなるほど、お互いの嫌なところが見えてくるもの。


そのため好きな気持ちがあっても、ついケンカをふっかけてしまう女性もいます。


そんなときに第三者のあなたが優しく相談に乗ってくれたら、「本当はこういう子と付き合ったほうが幸せになれるんだろうな」とカレの気持ちがなびくかもしれません。


「大変ですね。あまり無理しないでくださいね?」「〇〇さんが心配です……」とカレを労わるワードを散りばめつつ、恋愛対象として意識してもらえるよう頑張ってみましょう。


体の関係は持たない


仮にカレと遅くまで飲むようなことがあったとしても、付き合うまでは絶対に体の関係は持つべきではないでしょう。


もしここで体を許してしまうと、彼女には勝てず、都合のいい女になってしまう可能性が高いです。


たとえいいムードになったとしても、「彼女いるでしょ?」とだけ残して、さっさと帰るようにしましょう。


もしかしたら「彼女よりもあいつのほうが好きかもしれないな……」と、カレが考え始めるきっかけになるかもしれません。


また交際前に雰囲気に流されないことは、カレと付き合ってからも「この子はほかの男と一線を超えるようなことはしない」と信頼してもらえるようになりますよ。


彼の「一番の女友達」になる


彼の「一番の女友達」になる


いきなり彼女を目指すのではなく、まずは「一番の女友達」ポジションをゲットする方法もあります。


そうすることで彼女とはまた違う、新たな信頼関係を築くことができるはず。


もしかしたら「彼女といるより、一緒にいて楽しい」と思ってもらえる日がくるかもしれません。


ただしあからさまに「狙っている感」を出してしまうと、彼を敬遠させてしまいます。


最初のうちはこびたアプローチはせず、さりげなく彼に近づいていきましょう。


焦らず長期戦で


たとえ好きな人に彼女がいたって、結婚しているわけじゃないのであれば、まだ諦める必要はないかもしれません。


ですが略奪するのは、カレやカレの恋人を傷つけることになるので、避けるべきです。


焦らず周りを見ながら長期戦で挑むのがポイントでしょう。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ