なんで付き合ってくれないの?「曖昧な関係」を続ける男性の本音

なんで付き合ってくれないの?「曖昧な関係」を続ける男性の本音

友達以上なのに、恋人にはなれない……。


そんな曖昧な状態が長く続くと、誰でも不安になって相手の気持ちを知りたくなるもの。


そこで今回は、「曖昧な関係」を続ける男性の本音をご紹介します。



あなた以外にも気になる女性がいる


いい雰囲気になっているのに、どうしてもそこから先には関係が進んでいなかない場合は、男性が他にも気になっている女性がいる可能性も。


二股をかけているわけではないにしても、あなたとその女性のどちらを彼女にするべきかを悩んでいる状態かもしれません。


また、ほかに好きな女性がいるのに、あなたともいい感じになれたからキープしているといったケースも考えられます。


断られたくない


好きだし付き合いたいという気持ちがあっても、男性はなかなか「告白をしよう」という決心はつかないもの。


むしろ好きだからこそ、「断られたくない」とか「断られるのが怖い」という思いが強くなり、最後の一歩が踏み出せないようです。


決して、曖昧な状態を望んでいるわけではないでしょうから、あなたの方から好意を大きく示したり、思いきって告白をしてしまうのもアリかもしれません。


まずは、「私には○○くんしかいないよ」とか「○○くんといると楽しい」などと伝えて、「告白したらうまくいくかも」と男性に思わせる雰囲気づくりがポイントです。


ただの友達だと思っている


ただの友達だと思っている


あなたは「曖昧な関係から抜け出せない」と思っていても、男性はそもそも曖昧な関係とすら思っていない場合もあります。


普通に、「仲のいい友達」とか「気が合う女性」といった認識でしかないのでしょう。


気になる男性と親しくなれたら一方的に舞い上がってしまうこともあります。


しかし、男性から誘われたりアプローチされることがなく、恋愛系の話をされることがなかったら注意。


この場合は、やはり友達としか思われていない可能性が高そうです。


今のままが楽だと思っている


付き合うためには、告白という高いハードルを超える必要があります。


男性が「今の関係が楽でいい」と感じていたならば、それ以上の関係はちょっと面倒かも。


決して「付き合いたくない」というわけではないのでしょうから、全く進展が見られないのならば、「私たちってずっとこのままなのかな」と、あなたの気持ちや不安を伝えてみるのもひとつの方法です。


そこでの反応を見て決めるのも手です。


嫌な顔したり、かわして逃げようとしたりする男性ならば、これ以上のお付き合いはちょっと考えた方がいいですよ。


しっかり向き合ってみて


「曖昧な関係」をズルズルと長引かせてしまうのは、女性にとってはあまり良くないことでしょう。


本気で付き合いたいという気持ちがあるのなら、ちゃんと向き合って話し合うことも大切です。


時間を無駄にして後悔しないようにしてくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ