“毒親”に支配される一家から孫を取り戻せるのか? 『すべてが変わった日』本編映像

“毒親”に支配される一家から孫を取り戻せるのか? 『すべてが変わった日』本編映像

 『マン・オブ・スティール』でスーパーマンことクラーク・ケントの育ての親を演じたダイアン・レインとケビン・コスナーが再び夫婦役で共演する映画『すべてが変わった日』(8月6日公開)より、映画の中で最も重要な場面の1つがWEBで解禁された。



【動画】再婚相手の母親は恐ろしい“毒親”だった



 本作は、1960年代を舞台に、暴力的な男と再婚した義理の娘と孫を連れ戻すべく、常識が通用しない異様な一家に立ち向かっていく、西部劇の香りを纏わせたサイコスリラー。



 1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケビン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナは、ドニー・ウィボーイと再婚するが…。マーガレットは義理の娘が再婚相手に暴力を振るわれているところを目撃してしまう。さらに、暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家へ引っ越したと知り、マーガレットとジョージは、義理の娘と孫を取り戻そうとドニーの実家へ乗り込んでいくが…。



 映像では、マーガレットが久しぶりに再会した孫のジミーを抱きしめている場面から始まる。ローナの再婚相手の母親・ブランチ(レスリー・マンヴィル)は、マーガレットにジミーと触れ合う束の間の時間を与えるとすぐさまジミーに冷たく声をかけ、自分の足でベッドへ向かうよう指示。ブランチの高圧的な振る舞いにもローナは何も言わず、顔色を伺っている。



 孫をかわいがっているようには見えない雰囲気にいぶかしげなマーガレットが、ジミーを手放さず抱きかかえたままでいると、一家の用心棒的存在のビルが「逆らわないでお婆ちゃん ボスのルールだから」と不気味な笑みでにじり寄り、ブランチの息子たちも敵意を剥き出しで、一触即発の雰囲気に。この一瞬で、一家がブランチの絶対的支配下にあることが見て取れ、マーガレットとジョージが対峙しなければならない相手が一体どんな人物でるかが明らかになっていく、物語が一気に加速する重要なシーンだ。



 トーマス・ベズーチャ監督は、リハーサル期間に立ち会って演技指導を行い、そのため俳優たちは撮影に入る前にあれこれ試してみることができたそう。監督は「ダイアンは舞台女優で、レスリー・マンヴィルも舞台女優です。ジェフリー・ドノヴァンは素晴らしいベテラン舞台俳優で、ケイリーの初仕事はロンドンの舞台でした。私はリハーサルが大好きで、彼らも同じです。一瞬の演技の中に隠された真実を共に発見する喜びがあるからです。ダイアン・レインやケビンといった映画スターにとって、今回の撮影はカメラを回さずにリズムをつかむ興味深い経験となりました」と撮影を振り返っている。

カテゴリ