映画『フリー・ガイ』日本版声優に“デップー”加瀬康之、早見沙織ら決定

映画『フリー・ガイ』日本版声優に“デップー”加瀬康之、早見沙織ら決定

 ライアン・レイノルズが主演する映画『フリー・ガイ』(8月13日公開)の日本版声優が発表された。ライアン・レイノルズが演じる主人公ガイは、デッドプールでもおなじみの声優・加瀬康之が担当する。



【動画】“俺ちゃん”が言いたい放題な特別映像



 加瀬は、数々の洋画の吹替や、『NARUTO -ナルト-』『約束のネバーランド』など多くのアニメ作品でも声優を務める。ライアン・レイノルズが演じる作品の吹替も多数担当しており、”無責任ヒーロー“のデッドプールとは真逆の”いい人すぎるヒーロー“ガイを、加瀬はどう演じるのか。



 ガイがヒーローとして立ち上がるきっかけとなる《ゲームの世界》のキャラクター、膝丈のブーツを履きこなすミステリアスでイカした女性モロトフ・ガール。一方、《現実世界》で彼女を操作しているのは、頭脳明晰だがちょっとサエないゲーマー兼ゲームデザイナーのミリー。ジョディ・カマー演じるモロトフ・ガール/ミリー役は早見沙織が担当する。



 同じく《ゲームの世界》で暮らすガイの親友バディ役を演じるのは、俳優としても活躍し、『四畳半神話大系』などの声優でも知られる小川剛生が担当する。



 一方で、《現実世界》に生きる、〈フリー・シティ〉を運営するゲーム会社スナミで働くキーズ役に小野賢章、プログラマーのマウサー役に吉野裕行、社長のアントワン役に子安武人が決定。



 本作の主人公ガイは、ルール無用のオンライン・アクションゲーム〈フリー・シティ〉内で、“ゲームのモブキャラ”として平凡で退屈な毎日を繰り返していた。強盗・乱闘・爆撃など、何でもアリな世界で、ある日、彼はモロトフ・ガールというキャラクターとの運命的な出会いによって、新しい自分に生まれ変わるため、ゲーム内のプログラムや設定を完全に無視して自分勝手に行動を開始する。ヒーローとして立ち上がったガイの活躍は、ゲームの世界だけでなく現実世界でも話題を集め、ゲーム開発者たちはガイの予想外の行動を止めようと策を講じていく。ヒーローとして立ち上がった、あり得ないほど”いい人“のガイは果たして、主人公=ヒーローになれるのか?
カテゴリ