結婚に向かない男性を見極めるチェックポイント5つ

結婚に向かない男性を見極めるチェックポイント5つ

そろそろ恋愛から結婚へ……と考えている女性に知っておいて欲しいことがあります。


それは、「結婚に不向きな男性」の存在です。


どんなに好きでも、こういうタイプの男性は後々苦労しがち。


そこで今回は、結婚に向かない男性を見極めるチェックポイントを5つご紹介します。




遅刻が多い


付き合いに慣れて来ると時間にルーズな男性がいます。


平気で毎回15分ほど遅れて来ても謝らない……。


そういう男性は、仕事でも大事なタイミングで遅刻をしてしまったり、結婚後の生活で大切な際に遅刻をしてしまったりする可能性があります。


遅刻癖を直すには、相当な覚悟が必要です。


結婚後は2人、もしくは子どもも含めた生活時間になりますので、感覚の甘い男性が結婚相手だと苦労することは目に見えていますよね。


結婚後に必要なお金を把握してない


結婚後に必要なお金をどのくらい理解しているかで、男性自身が結婚に真剣なのかどうかが分かります。


大切な女性と夫婦になった後のことをなにも考えない、そんな男性はなかなかいません。


夫になるという責任感から多くの男性はそれまでお金に疎かったとしても、しっかり基礎を学び始めます。


そういう姿勢がみられない男性は、結婚しても苦労することが目に見えていますので、結婚に向かない男性と言えるでしょう。



料理スキルがゼロ


料理スキルがゼロ


最低限の料理スキルが無い男性は結婚に向かないでしょう。


具体的には、なに一つ料理ができない、もしくは、料理に興味が無い男性です。


もし結婚して子どもができ女性が体調を崩してしまった場合、なにもできない男性が右往左往している、そんな姿をイメージすれば結婚には向かないことは明らかですよね。


掃除ができない


部屋が不潔な男性も結婚に向きません。


生ごみをずっと放置して虫がわいていたり、カビがお風呂場やトイレにはえていたり……。


ピカピカに掃除をするというところまで求めなくても、最低限のゴミ捨て、掃除をする習慣がある男性でないと、結婚後に苦労することは目に見えています。


結婚を意識しているのであれば、男性の部屋を抜き打ちでチェックしましょう。


洋服はタンスに、本や雑貨は収納に隠すことができますが、水回りやゴミ周りというのは普段の状態が垣間見れると思います。


ものごとに臨機応変に対応できない


どんなに高学歴でも高収入でも、今まで経験したことのない問題に直面したときに対応力できない男性は結婚してから苦労します。


対応力とは、自分で考え行動し、ものごとを前に進めていく力です。


結婚を意識しているのであれば、彼が遭遇したこともないような相談を持ち掛けたり、デートでバスがあると思ったが祝日で運行が無いなど、予想外のことがあたかも起こる演出をして、彼がどう立ち振る舞うのかを見極めましょう。


結婚相手は慎重な選択を


結婚は大きな人生の選択です。


今回のヒントを参考にしながら、慎重に相手を見極めていってくださいね。


(お坊さん恋愛コーチ さとちゃん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ