ペルーの新鋭メリーナ・レオン監督、日本の観客に向けてメッセージ

ペルーの新鋭メリーナ・レオン監督、日本の観客に向けてメッセージ

 『第72回アカデミー賞』(2020年)国際映画賞ペルー代表に選ばれた映画『名もなき歌』(7月31日より全国順次公開)で長編デビューを飾った、ペルー在住のメリーナ・レオン監督から日本の観客に向けてのビデオメッセージが到着した。



【動画】メリーナ・レオン監督からのメッセージ



 本作は、1980年代のペルーで出産したばかりの子ども探す先住民女性の物語。かつて新聞記者だった監督の父親が追っていた、実際に起きた事件に基づいて作られた。赤ん坊を奪われた母親の悲哀と絶望、そして、孤独な新聞記者が内に秘めた苦悩と使命感を描く。



 メリーナ・レオン監督は「事件の背景には女性蔑視や貧困と格差、全体主義やテロリズムなどの社会問題がある」とし、「過去の話ではない」「よりよい世界になるように、話し合いを続けていかなければ」と、本作に込めた思いを語っている。



 さらに、溝口健二、小津安二郎、黒澤明、そして河瀬直美監督ら、これまで影響を受けた日本の映画監督の名前も挙げていた。



■公式サイト

http://namonaki.arc-films.co.jp/

カテゴリ