のん・小野大輔・尾身美詞『#あちこちのすずさん』ナレーション担当 スタジオゲストは長濱ねる

のん・小野大輔・尾身美詞『#あちこちのすずさん』ナレーション担当 スタジオゲストは長濱ねる

 女優で創作あーちすと・のんが、NHK総合で8月12日に放送される特集番組『#あちこちのすずさん2021 ~教えてください あなたの戦争~』(後7:30~8:42)に声優出演することが30日、発表された。



【写真】スタジオゲストで登場する長濱ねる



 本番組は、戦争中でも毎日を懸命に暮らしていた映画『この世界の片隅に』の主人公・すずさんのような人たちを探して「#(ハッシュタグ)」でつなげていこうというプロジェクト。今年は「不自由な時代を生き抜いた生活の知恵」を主なテーマとしている。



 当日は、すずさんの暮らした家を模したバーチャルスタジオを舞台に、視聴者から寄せられたごく普通の人たちの「全国の“すずさん”」のエピソードをアニメにして紹介。そのアニメのナレーションを、同映画の主人公・すずさんの声を演じたのんが昨年に引き続き出演。さらに、すずの同級生・水原哲役の小野大輔、義理の姉・径子役の尾身美詞の参加も決定。また、スタジオゲストには長濱ねるが登場し、アニメ化されたエピソードを元に深いトークを繰り広げていく。



■出演者コメント

・のん

あちこちのすずさん、今年も朗読で参加させていただきます。この企画のお話をいただくたびに「この世界の片隅に」という作品がいかにたくさんの方たちの物語だったのかを実感します。全国にいるすずさんから寄せられるあたたかなお話は、当時のリアルを感じられます。戦時下の恐怖だけを感じるのではなく、その背景にある幸せや面白い出来ごとを知ると、自分に無関係な話ではない、知らなければいけないものがあると思わせてくれます。あちこちのすずさんが続いているのは本当に喜ばしいことだなと強く思っています。



・小野大輔

僕はおじいちゃんおばあちゃん子でした。実家の家具屋の仕事で両親ともに忙しかったため、母方の祖父母の家で過ごすことが多かったのです。

でも戦争の話を聞いたことは一度もありません。あえてしなかったのでしょう。もっと話を聞きたかった。祖父母の生きた時代のことを。考えたこと、感じたこと、その思いを。祖父母を思いながら、心を込めて読ませていただきたいと思います。



・尾身美詞

ささやかな日常のエピソードを聞くたびに、戦時下という想像を絶する時代にも、私たちと同じような日常があり、人の数だけ物語があったと気づかせてくれます。感染拡大により、これまでの日常が制限される今。壮絶な時代を生き抜いた暮らしの知恵やささやかな楽しみや喜びはきっと私たちに勇気を与えてくれると思います。そして、あちこちにいたすずさんたちが経験したあの時代を忘れないために。すずさんたちの物語を大切に読ませていただきたいと思います。



・長濱ねる

今回、このような番組に携わらせていただくことになり、長崎県出身で幼いころから平和学習を受けてきた身としては、気が引き締まる思いです。受け取り、つないでいくこと、今何をしていくべきなのか、皆さんと一緒に改めて考え直すきっかけにできたらうれしいです。
カテゴリ