人気YouTuber・カルマ“復帰の経緯”独白 明日花キララと2ショット&恋愛トークも【インタビュー抜粋】

人気YouTuber・カルマ“復帰の経緯”独白 明日花キララと2ショット&恋愛トークも【インタビュー抜粋】

 人気YouTuber・カルマが、30日発売のファッション誌『PECHE(ペシェ)003』に登場。初共演の明日花キララとの2ショットで表紙を飾り、単独インタビューでは復帰の経緯や今後の活動の展望、明日花との対談では恋愛についても語った。さらに、初のセクシーショットにも挑戦している。



【別カット】明日花キララを後ろからギュッと包み込むカルマ



 カルマは2018年から投稿を開始し、約1年でチャンネル登録者数100万人を突破し、現在154万人、動画の総再生回数は2億回を超えている。しかし、昨年9月の更新を最後に約1年、動画の更新が止まっていた。今月25日、大手芸能事務所のエイベックスへ所属することが会見で発表された。



●カルマインタビュー(一部抜粋)



■去年、あれだけの人気を得ながらYouTubeの活動を突然休止した理由は?

・僕はもともとYouTuberになりたくてなったわけではなくて、YouTubeをはじめる段階でチャンネル登録者数100万人を目指すという明確な目標がありました。

・なぜそうまでして100万人という数字を目指していたかというと、ネットの世界、とくにYouTubeの世界は爆発力はとてもあるけどその大きな波は絶対に続かないと思っていたんです。だから僕・個人に100万人という数字をつけることで、最強の名刺にしたかったんです。

・YouTubeでなら僕が戦えるということをその最強の名刺で明確にしたかったし、そうすることでいろんな大人を巻き込んでもっと大きなことができると考えてたんです。



■最初から活動休止のタイミングは決まってたということですか?

・いつ登録者数が100万人越えるかはわからなかった。むしろ予想よりもちょっと早かったぐらいです。

・だから公言こそしていなかったけど、自分が休止期間をもつことはあらかじめ決まっていた。

・休止というよりは、僕がYouTubeをはじめたころは毎日投稿が当たり前だったので、まずはそれを覆さないといけないと思っていました。視聴者の方に“毎日この時間に動画をあげるので見てください”という形式ではなくて、視聴者の方に追われる形式のサンプルを作り上げないとのちのち自分の首をしめると考えていたんです。

・1年間という休止の時間は、新たなる道、新たなる目標への準備期間だったわけですが、それが何のことなのかはこの雑誌が発売されるころにはきっとわかることなので、いまは楽しみにしていてくださいとしかいえませんね。



■休止期間中の約1年間は、どんなことをしていましたか?

・いろいろやっていました。僕が活動を休止したタイミングからエイベックスさんと一緒に試行錯誤していました。

・芸能人がYouTuberになっても結局は芸能人で、ネットとテレビを両方ものにするのはすごく難しい。とくにYouTuberが芸能人になるというのを体現仕切った人は今までにいないので、僕は枠にとらわれない明確な肩書きをしぼらない存在として有名になるために、エイベックスさんの力を借りながら、前例のない新しいことにいろいろな挑戦をしてきたいと思っています。

・まさか僕がエイベックスに入るだなんて誰もきっと想像していなかったでしょう? 想像できないことができる可能性が僕にはあるということだけでもエイベックスに入った価値があると思います。
カテゴリ