朝日奈央が号泣…K-POP大好き勢がJ.Y.Park × PSY『LOUD』を徹底紹介する特番放送

朝日奈央が号泣…K-POP大好き勢がJ.Y.Park × PSY『LOUD』を徹底紹介する特番放送

 韓国の芸能事務所「JYPエンターテインメント」の代表パク・ジニョン(J.Y. Park)と「P NATION」の代表PSYがタッグを組んだ次世代ボーイズグループ発掘オーディション番組で、日本では映像配信サービスdTVで配信中の『LOUD』(毎週土曜 午前0時最新話更新 全15話)。「今まで見たオーディションの中で1番レベル高い!」と視聴者を興奮させている『LOUD』の魅力を、K-POPファンの芸能人たちが徹底紹介する番組が8月3日に「ABEMA」で放送されることが決定した。



【写真49点】日本人のコウキ、ケイジュ、アマル、ハルトが大活躍する『LOUD』



 とにかく登場する参加者がとてつもない才能を持った少年ばかり。驚愕の歌唱力、ダンスパフォーマンス力、ビジュアル、さらには作曲や映像制作をも得意とするクリエイティビティを兼ね備えた天才たちのオンパレードに、J.Y.ParkとPSYも大興奮。両プロデューサーが“動く椅子”で駆け引きしながら参加者のスカウト権を争奪するシュールな演出もあいまって、回を重ねるごとにアツさを増している。



 現在、第3ラウンドに突入(第5話)し、日本人はコウキ(12)、ケイジュ(14)、アマル(15)、ハルト(16)の4人が大健闘中。SNSでは「日本人のレベルの高さに驚愕」「日本人参加者やばない?」と大反響を呼んでいる。



 『今からでも間に合う!オーディション番組「LOUD」見所大放出スペシャル』(8月3日 後11:00)と題した番組のMCはK-POP大好き芸能人の塚地武雅(ドランクドラゴン)と朝日奈央が担当。コメンテーターとしてモデルの鶴嶋乃愛、ボーイズポップスグループ「プラチナボーイズ」の小池成を迎え、ここまでの見どころと魅力を徹底紹介する。



 収録を終えた塚地は「単純に『LOUD』ファンの熱量で番組をやってしまったなと(笑)。一戦一戦、ひとりずつ振り返ってもいいくらいの温度やったと思います」とアピール。一方、「K-POPが生きる活力」という朝日は、第2話のあるシーンで「号泣してしまった」と告白し「オーディション番組だからこそ味わえる“参加者の方の人生が変わる瞬間”を見ることができるっていうのもうれしいですね」と見どころを語った。



 お気に入りの参加者は「日本人参加者のコウキくん」(塚地)、「本当に選べないんですよね…。強いて言うなら元JYP練習生のイ・ゲフンくんがすてき」(朝日)と紹介。塚地は日本人12歳のクランプダンスの天才で、韓国でも大きな注目を集めているコウキについて「若いですが、ダンスパフォーマンスはキャリアを積んできていて素晴らしいですし、なおかつ歌のステージでも音程がしっかりしています」とプッシュした。



 番組はABEMAでの放送後、YouTubeの『LOUD』公式チャンネルおよびdTVの特設サイトでも無料で公開される。



■MC塚地武雅&朝日奈央コメント



▽塚地武雅

――『LOUD』でお気に入りの参加者やパフォーマンスは?

日本人参加者のコウキくんですね。若いですが、ダンスパフォーマンスはキャリアを積んできていて素晴らしいですし、尚且つ歌のステージでも音程がしっかりしています。さらに韓国語の勉強もしていて、あの若さで「韓国でアイドルとしてやっていくには必要不可欠なことだから」と話していて、覚悟決まってんな…と驚きました。オーディション番組は前半に魅せる子と後半に魅せる子が違ったりするので、後半の目玉もまだまだいると思います!



――『LOUD』が他のオーディション番組と違うところ

まずは他事務所のJ.Y.ParkさんとPSYさんが各々の事務所からグループを作ろうとしていて、なおかつそのプロデューサーたちが現役のアーティストだっていうところ。恐らくデビューさせたい子がかぶってきたりすると思うんです。そうなったときの求めている人材みたいなものもどういうふうになっていくのか。参加者だけを見るのではなくプロデューサーがどういった子を欲しているのかを聞けるのが魅力だと思いますね。



あと、(第1ラウンドの)「魅力ステージ」!参加者の子も自分から攻めていけるということが、なかなか他のオーディション番組では見られないです。課題に対して僕はこうなんです、という決められた枠組みじゃないところから自分を見せれる。映像制作とか音楽制作みたいなクリエイティブな能力のある子が、内側にあるセンスを見せてくれるのが新しいです!



▽朝日奈央コメント

――『LOUD』でお気に入りの参加者やパフォーマンスは?

本当に選べないんですよね…。強いて言うなら元JYP練習生のイ・ゲフンくんがすてきだなと思います。失敗もできないし、今までやってきたことをちゃんと見せなきゃっていうプレッシャーもある中で、完璧に見せつけたゲフンくんが本当に格好よくて! 私は「魅力ステージ」のシャッフルダンスの時点で号泣してしまって、応援したいなと思いました。もともとJ.Y.Parkさんの事務所にいたけど、それを差し置いてPSYさんがボタンを押しに行く、あの瞬間は名シーンだと思いましたね。



――『LOUD』が他のオーディション番組と違うところ

オーディションで2グループできるっていうのは新しいなと思います。しかも選ぶプロデューサーが誰もが知っているプロデューサーっていうところも魅力だと思いますし、先にボタンを押した方が自分の事務所にスカウトできるという取り合いみたいなドキドキ感のあるシステムも面白いなと思います。



あとはお二人がアーティストとして現役だからこそアドバイスがすごく的確ですし、ひとつひとつの言葉に重みがある。そのアドバイスしているところも聞かせてもらえる特別感みたいな、オーディション番組だからこそ味わえる“参加者の方の人生が変わる瞬間”を見ることができるっていうのもうれしいですね。

カテゴリ