こんな尽くし方は危ないかも…【尽くしすぎ彼女】がやめるべき行動

こんな尽くし方は危ないかも…【尽くしすぎ彼女】がやめるべき行動

好きな男性には、どうしても尽くしてしまう。


しかし、尽くし方を間違ってしまうと、関係にひびが入ってしまうかもしれません。


今回は、いますぐやめるべき間違った尽くし方について紹介します。




彼を全肯定する


自分の言うことをなんでも聞いてくれる彼女は、男性にとって魅力的な女性かもしれません。


しかし、すぐに飽きられて雑に扱われやすい女性でもあります。


いくら好きでも、彼の言うことを全部聞いていると、いつのまにか彼女ではなく「都合のいい女」として見られてしまうかも。


なんでも否定するのは良くないですが、自分の意見や考えも主張できないと、対等な恋愛関係は築けないでしょう。


自分でできることもやってあげる


好きだからこそ、なんでもやってあげたくなるかもしれません。


しかし、彼自身ができることまでやってあげてしまうと、関係性がおかしくなってしまうかも。


基本的には、自分でできることは自分でやらせるようにしないと、男性を「ダメ男」へと導いてしまう危険性だって秘めています。


さりげない気遣いや困っているときのサポートを心がけるようにすると、男性からも「大切な存在」として、より愛されるようになるでしょう。



お金を貸す


彼が困っているときに助けてあげるのは、おかしなことではないかもしれません。


しかし、お金の工面までしてあげるのは「尽くす」レベルを超えています。


「少しの金額であれば貸してあげよう」と思ったりもするかもしれませんが、一度貸してしまうとどんどん金額が大きくなっていくのもよくあること。


お金に関してはいくら好きであっても甘やかしてはいけませんよ。


やってあげている感を強調する


自分に尽くしてくれる女性には、男性も大きな愛情を感じます。


だからといって、女性から「やってあげている感」を強調するのは絶対にNGです。


そういった態度が見られると、男性の恋心は一気に冷めてしまいます。


「これだけやってあげているんだから」といった、まるで見返りを求めているかのような尽くし方は、男性の心には全く響かないですし、むしろ嫌な気分にさせることにもなりかねないですよ。


都合のいい女にならないで


たとえ好きでも、なんでもやってあげてしまうのは「間違った尽くし方」です。


いいように利用されないように、対等な関係を目指しましょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ