学生とは違う!社会人の彼が「わかって欲しい」と思っていること3つ

学生とは違う!社会人の彼が「わかって欲しい」と思っていること3つ

時間に余裕のある学生の彼とお付き合いするのと、仕事をしている社会人の彼とお付き合いするのとでは、なにかと違いがありますよね。


その違いに気づかないで、学生の頃と変わらないことを相手に求めていると、彼は困惑してしまうかもしれません。


そうならないためにも、社会人の彼があなたにわかっていて欲しいことをご紹介します。


彼の気持ちを理解して、うまく交際する方法を見つけていきましょう。



会えないときがあるのをわかって欲しい


仕事が忙しいと、彼は自分の時間はもちろん、あなたとのデートや連絡を取ることさえままならないこともあります。


そんなときにあなたが頭ごなしに叱ったり「仕事ばかりしないで私と会ってよ!」などと感情のままに気持ちを伝えても彼の負担になるだけでしょう。


「寂しいという気持ちを伝えてくれるのはいいけど、寂しいから今日会わないとイヤ!みたいなワガママは本当に困ります。こっちだって生活があるし、そっちの都合に振り回されるわけにいかない。


ワガママはかわいくもなんともないし、ただただ迷惑です」(27歳男性/公務員)


彼にあなたの気持ちを知っていてもらうことで彼に余裕が生まれたときにあなたとの時間を優先して過ごしてくれるはず。


また彼と会えるまでの時間、どうしてもさみしくてたまらないときは女子会に参加するのがおすすめ。


同性同士の楽しい時間を過ごしたり仕事や勉強、趣味などに没頭しあなた自身を磨いてみるのもいいかもしれません。


仕事のことを理解して欲しい


仕事には様々な職種があり勤務形態にも夜勤があったり休日が不定期だったりと色々あります。


たとえば彼の仕事が9時から18時までだとしても残業があったり、仕事の後や本来ならば休日であっても、接待や飲み会など就労時間外での付き合いも少なからずあったりするものです。


それなのに彼の仕事を十分に理解をしないで「日曜だからお休みでしょ!」と勝手にデートの予定を入れてしまったり、返信がなかなか返ってこないからと何度も連絡を入れたり……。


このようなあなたの自分勝手で一方的な愛情は彼の愛情を冷ましてしまうので注意しましょう。


「仕事のことをあまりわかっていないようで、勤務時間中でも平気で電話をかけてくる子がいました。正直迷惑だし、こっちは勤務時間なんだからわきまえてよ!という気持ちになってしまいましたね」(25歳男性/会社員)


あなたが、彼がどのような就労時間で休日はどのように取れるのかなど、仕事のリズムを知り理解してあげることは、彼と長いお付き合いをしていく為には大事になってくるでしょう。


笑顔で「お疲れ様!」と言って欲しい


笑顔で「お疲れ様!」と言って欲しい


仕事をするということは大なり小なり必ず責任がついてくるものです。


よって社会人の彼はストレスを日々感じ、疲れています。


なので彼と会えたときには笑顔で「お疲れ様!」と一言伝えてください。


「やっぱり彼女の笑顔って最高ですよ。疲れも吹き飛びます。会えない間が長くてむくれている子よりも、寂しかったけど今日会えてよかった!と喜んでくれるような子が素直にかわいいと思います」(30歳男性/自営業)


そして彼が愚痴や仕事の話をしてきたら、最後まで親身になって聞いてあげてください。


あなたは話に同意をしたりアドバイスをしたり、時には抱きしめながら励まし癒やしてあげましょうね。


仕事が一番なことを理解してあげて


社会人の彼は一日の大半を仕事が占めていて、忙しいとなかなか会えないときもあるでしょう。


けれど大切なのは会う回数ではなく、会ったときに二人がどのくらい幸せな時間を過ごせたかです。


わずかな時間だとしても、二人で濃密でかつ充実した時間を過ごしてくださいね。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ